広告
幸福実現党 加藤文康 公式ブログ

加藤文康(かとうぶんこう)のブログです。

 

 

07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

プロフィール

最新情報

検索フォーム

ご意見等

Copy right

最近の記事
Posted on 09:45:33 «Edit»
2016
07/14
Thu

Category:日々の加藤と仲間たち

幹事長辞任 


昨日の役員会で、幹事長を辞任いたしました。

参院選で結果を出せなかったことは痛恨の極みです。
ご支援者に心よりお詫び申し上げると共に、
三年間の在任期間中に賜ったご指導・ご支援に深謝申し上げます。

今後も一党員として、「幸福実現革命」成就に向けて、前進を続けて参ります。

2016年7月14日  加藤 文康


_A3_5478.jpg

Posted on 10:08:30 «Edit»
2016
07/11
Mon

Category:日々の加藤と仲間たち

 参議院議員選挙の結果を受けて(党声明) 


参院選の結果を受けて、以下の党声明を発しました。

「このたびの参議院選挙において、わが党公認候補の当選はなりませんでした。
ご支持、ご支援くださった皆さまに御礼申し上げますとともに、ご期待に応え
られなかったことを心よりお詫び申し上げます。
アベノミクスの失敗による景気後退や、北朝鮮・中国の軍事的脅威など、内
外ともに情勢が悪化するなか、わが党は、消費減税や自衛のための核装備の必
要性など、この国を強く、豊かにするための政策を訴えました。当選はならな
かったものの、わが党の「正論」は、有権者の皆さまに一定の支持をいただい
たものと考えます。
わが党は、この国を守り抜くとともに、日本を世界の平和・繁栄の構築に貢
献できる国家へと飛躍させるべく、引き続き活動を展開してまいる所存です。
このたびの結果を真摯に受け止めつつ、次期国政選挙での必勝を期して全力を
尽くす決意であり、国民の皆さまの一層のご支援を心よりお願い申し上げます。」



 
 13559012_930325707113151_4357998961288159483_o.jpg


Posted on 09:27:48 «Edit»
2016
06/26
Sun

Category:日々の加藤と仲間たち

 幸福実現党TVCM 東京版です! 


Posted on 21:54:11 «Edit»
2016
06/25
Sat

Category:日々の加藤と仲間たち

幸福実現党TVCM 全国で放映中! 


幸福実現党のTVCM、
只今、全国で好評上映です。
(各県別の方言バージョンがありますが、今回は北海道バージョンのみご紹介です。)
ぜひ、ご覧下さい!





Posted on 21:51:39 «Edit»
2016
06/25
Sat

Category:日々の加藤と仲間たち

  英国のEU離脱決定を受けて(党声明) 


本日、幸福実現党は、以下の党声明を発しました。


 「英国でEU(欧州連合)離脱の是非を問う国民投票が実施され、離脱派が勝利しました。今後の離脱交渉の帰趨には注視が必要ですが、このたびの離脱決定を契機に、EUが分裂に向かうとともに、米国の退潮や中国の台頭も手伝って、世界の不安定化が加速すると見込まれます。国際秩序が大きく揺らぐなか、日本を強く、豊かにする政策運営こそが急務であると確信するものです。

 当面、折からの新興国の減速に加え、英国のEU離脱決定により、世界経済の一層の下振れは避けられません。翻ってわが国では、一昨年の消費増税によるアベノミクスの失敗が明らかとなっていますが、離脱決定に伴う円高・株安の進展で、景気減速の圧力がさらに強まることは必至です。

 経済情勢の悪化に対処するため、緊急避難的な政策発動もやむを得ないと理解しますが、併せて、内需拡大に向けた経済政策を実施すべきだと考えます。経済活動の足かせとなる消費税を5%に引き下げる決断をすべきです。また、大胆な規制緩和により新産業創出を促すとともに、TPP参加を通じて構造改革などを推進することで、日本の成長力を高めなくてはなりません。加えて、英国の離脱問題を受け、今後、円高傾向は不可避なだけに、円高を生かして輸入や消費の拡大を図り、世界経済の牽引役を目指すべきだと考えます。

 世界経済の先行きが不透明感を増すばかりか、マイナス金利導入などによりわが国の財政破綻や日本発の世界恐慌も危惧されるなか、ビジョン不在の政治では、この難局を乗り切ることはできません。わが党は実効ある政策を掲げ、日本経済の持続的成長を可能とするとともに、世界の繁栄に貢献できる国家へと飛躍させるべく、引き続き力を尽くしてまいります。」


 
_A3_5478.jpg