広告
幸福実現党 加藤文康 2010年02月 公式ブログ

加藤文康(かとうぶんこう)のブログです。

 

 

01« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.»03

プロフィール

最新情報

検索フォーム

ご意見等

Copy right

02月の記事一覧
Posted on 23:55:13 «Edit»
2010
02/28
Sun

Category:日々の加藤と仲間たち

2月28日(日) 


去る26日(金)に、北海道砂川市の空知太神社を参拝し、
関係者のお話も伺ってきました。

以前にも言及しましたが、
開拓以来、人々の素朴な信仰の対象となってきた、
そして、地域の絆の核でもある神社が、
先般の最高裁判決で、市有地に建っているという理由で、
政教分離規定違反の違憲状態とされ、
今、存亡の危機に立たされています。

この裁判を起こした原告の一人は、
共産党推薦で、砂川市長選に立候補したことも
ある人物だそうですが、いつも時代にも、
こうしたくだらない訴訟で、世を騒がす者はいるものです。
(そもそも、なぜこんな人たちに、原告適格や訴えの利益が
 あるのか、素朴な疑問ですが、、


無償提供されている公有地上に存在する神社は、
日本中に数千ヶ所、あると推定されています。
このままでは、人々の生活に根ざし、
人々の心の拠り所となってきた、こうした寺社が破壊され、
日本の原風景も姿を消すことになりかねません。


それにしても、許し難いのは最高裁です。
従来は、「目的・効果基準」という
もっと穏やか、かつ常識的な基準で
政教分離について解釈してきたのに、
何故、突然、このような唯物論勢力が大喜びするような
路線に舵を切ったのでしょうか?


札幌で御挨拶に伺った、
弁護士の藤野義明先生
(北朝鮮拉致被害者・救う会<略称>会長)
も本判決を、危惧しておられました。

それにしても、外国人参政権法案や夫婦別姓法案、
そして今回の判決と、
日本の国そのものが、土台から腐り、
崩壊しようとしています。

何らかの対抗策を考えなければなりません。
宗教政党でもある「幸福実現党」は、
必ず、日本の神社を護り、地域の健全なコミュニティーを護り、
そして、悪の手から、信教の自由を護ります。


IMG_0173_convert_20100301000014.jpg  空知太神社で。

IMG_0178_convert_20100301000212.jpg 雪の中の鳥居。
このままでは、撤去か?


IMG_0182_convert_20100301000112.jpg 札幌で、北海道
選挙区公認候補予定の大林まことさんと







IMG_0185_convert_20100301001402.jpg
     昨夕は、井土ヶ谷で辻立ち。 そのまま、アツく日本の未来を語る集いへ移行!