広告
幸福実現党 加藤文康 2010年09月 公式ブログ

加藤文康(かとうぶんこう)のブログです。

 

 

08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

プロフィール

最新情報

検索フォーム

ご意見等

Copy right

09月の記事一覧
Posted on 13:45:09 «Edit»
2010
09/29
Wed

Category:日々の加藤と仲間たち

9月29日(水) 


昨日は雷雨でしたが、久しぶりに暖かくなりました

いよいよ臨時国会も始まりますが、
今回の尖閣諸島沖での中国人船長逮捕事件を
決して政争の具にすることなく、
全国会議員が真剣に、国の安全保障・危機管理を考え、
進むべき方針を導き出すことを願うばかりです。


今年の春でした。
私も実は、矢内筆勝さん(当時の幸福実現党総務会長)たちと、
尖閣諸島上陸計画を一時期、検討したのですが、
魚釣島は私有地ということで、
せめて島を船から一周できないかとも考えたのですが、
障害が多く、結局、実現できませんでした。
もし、あの時、決行できていれば、国防問題にかける幸福実現党の意気込みを、
もっと世間にアピールできたし、自分なりに国防問題をより具体的に感じ取れたのにと、、
半分悔しく、そして半分懐かしく思い起こした次第です。


先般、佐々淳行氏が、尖閣問題に関する危機管理上の諸方策を提言していましたが、
さすが初代安全保障室長だけに、的確な指摘で、
私も賛成なので、少し長くなりますが、(一部簡略の上)引用致します。(9月28日 産経新聞)
1、ただちに首相が、①尖閣諸島は日本固有の領土 ②事件再発の際は当然、検挙 ③中国側からの謝罪と損害賠償要求は拒否 ④武器の相互不使用、との声明を出す。因みに、(首相親書などムダなのでやめて、そのかわり、)漁船体当たりビデオはすぐに公表する。
2、駐日中国大使を呼びつけ(まあ、深夜でなくてもよいそうです)、不当逮捕のフジタ社員の即時釈放と、会議延期、官民交流やレアアース輸出禁止など(大人げない)全報復措置の即時解除を求める。
3、現在、無人の魚釣島の国有化(現在は、既述のとおり、なんと個人所有なのです)。埠頭、ヘリポート等の諸施設の建設を急ぎ、自衛隊、灯台守、気象観測士などの駐留させる。(志願制、僻地・危険手当は当然、支給)
4、海上自衛隊のイージス艦を含む一個護衛隊群を、演習として近隣海域に定期的に派遣し、海上保安庁を後方支援する。

まさに、正鵠を得た指摘です。


あとは、日米同盟の戦略的強化が、やはり何よりも肝要でしょう。
松下政経塾で幸之助翁の薫陶まで受けた前原外務大臣だけに、
もっとしっかりしろ と叱咤したい想いです。