広告
幸福実現党 加藤文康 10月5日(月) 公式ブログ

加藤文康(かとうぶんこう)のブログです。

 

 

10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

プロフィール

最新情報

検索フォーム

ご意見等

Copy right

このページの記事一覧
Posted on 11:11:30 «Edit»
2009
10/05
Mon

Category:日々の加藤と仲間たち

10月5日(月) 


雨模様の週明けです。

中川昭一前代議士が亡くなられました。
保守再生の鍵を握る人材であり、
夏の衆議院議員選挙でも、
幸福実現党も選挙協力をさせて頂いただけに、
早すぎる帰天の報に、残念でなりません。
ご冥福を、心よりお祈り申し上げます。


さて、公示後は、更新ができないため、
ブログは、今日も含めて、あと三日となりました。
今回は、インド洋での、海上自衛隊による給油活動について、一言、述べたいと思います。

民主党政権は、従来の方針通り、
「活動延長は認めず」のようですが、
今更、申すまでもなく、
安易な撤退は、日米同盟をいっそう危うし、日本の国際的信用を低下されるだけです。
国際舞台での情報収集面でも、我が国はさらに遅れをとることにもなります。
何とか延長できないものでしょうか~
岡田外相の現実的センスに、わずかの望みを託したいと思います。

因みに、鳩山首相は、
給油活動の替わる貢献策として、
アフガンでの民生支援等を、オバマ大統領に提案していました。
いくらリベラルなオバマ氏でも、この提案では納得しないでしょう(恐らく、多くのアメリカ国民も)。

なぜなら、アメリカが、アフガンやイラクに派兵しているのは、
9.11に端を発した、テロとの闘いのためです。
その大義は、
多数のアメリカ国民の生命を奪り、
自由主義社会を攻撃したテロリスト(犯罪者)を処罰し、
その巣窟を一掃することにあります。
良し悪しはともかく、それがアメリカの大義です。

つまり、
給油活動を含む軍事行動は、
犯罪者を逮捕し、処罰するための活動なのです。
(そうした活動への賛否には、また別の判断もありましょうが、
少なくても我が国は、この方針に賛同し、
米英と大きな枠組みの中で、行動を共にしてきました。)

今回の鳩山提案は、
「人殺しの犯罪者逮捕のメドは、まだ立っていないようですが、
我が国は、今後、ご協力致しねます。
ただ、犯罪者の社会復帰のための職業訓練には協力しますよ。」
そんな感じでしょうか、、、。
まだ、犯罪者の逮捕も、処罰もなされていないのに、、、、

アフガンの民生支援の重要性は否定しませんが、
やはり、鳩山民主党政権の外交路線は、危ういと思います。

次回、参議院補選が近づいてきました。
何とか皆さんと力を合わせて、
日本が健全な状態に戻るための
小さいけれども、確実な一歩にするべく全力を尽くします


IMGP2501_convert_20091005224604.jpg






image0006_20091005223004.jpg
少し肌寒くなり、トラは温かい冷蔵庫の上が快適なようです