広告
幸福実現党 加藤文康 11月3日(火・祝) 公式ブログ

加藤文康(かとうぶんこう)のブログです。

 

 

07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

プロフィール

最新情報

検索フォーム

ご意見等

Copy right

このページの記事一覧
Posted on 23:43:06 «Edit»
2009
11/03
Tue

Category:日々の加藤と仲間たち

11月3日(火・祝) 


透明な秋晴れの、静かな祝日でしたね。
今日は、刻々と色彩を変える青空を楽しみながら、
読書を楽しめました。

今日は、その中から一書をご紹介。
「ヨーロッパ統合史」(遠藤乾編、2008年名大出版会)。

古のギリシャ・ローマの地中海文明、
そして、本来異教であったキリスト経の包摂・内在化という、
豊穣な歴史を共通土台としつつも、
理念と現実の間で、
幾多の困難や、試行錯誤を経ながら、
現在のEU(欧州連合)に至るヨーロッパ人の歩みが、
コンパクトにまとめられています。
類書が少ないだけに、勉強になりました。

特に、「東アジア共同体」なるものが、
鳩山首相の口から語られ始めた昨今
(その主要モデルは、当然、EUですよね)、
主権国家の共同体づくりとは、
そんな一筋縄なものではないこと、
そして、政治・経済面だけを論ずる訳にはいかず、
軍事・安全保障面も一体であること、
さらにその根底には、
共通の社会・文化的な規範が求められるということを
再認識しておくのは、時節柄、有益であると思います。
お時間のある方は、ご一読をお勧めします。



では、おやすみなさい~、トラとミケより。
2009103119250001_20091101002132.jpg