広告
幸福実現党 加藤文康 11月17日(火) 公式ブログ

加藤文康(かとうぶんこう)のブログです。

 

 

10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

プロフィール

最新情報

検索フォーム

ご意見等

Copy right

このページの記事一覧
Posted on 23:47:42 «Edit»
2009
11/17
Tue

Category:日々の加藤と仲間たち

11月17日(火) 


本日夜、自宅のすぐ近く、文京区民センターで、
拉致被害者 横田めぐみさんの母 
横田早起江さんのお話を伺う特別集会
(被害者家族連絡会、救出のための全国協議会等開催)が
開かれ、家内と一緒に、参加させて頂きました。


初めて直接、お話を伺わせて頂きましたが、
政治を志す人間の原点として、
横田早起江さんの涙の訴え、魂の叫びは決して忘れません。
深く、魂に刻ませて頂きました。

横田さんご自身、
「自分はただの主婦、庶民」と
ご謙遜を交えて何度も、仰っておられましたが、
結果として、
とてつもなく大きな、大きな使命を果たしておられると思います。

我が国のすぐ隣に、世界最悪の独裁国家があり、
現実に恐ろしい企みをしていること。
日本が国家のあるべき基本も、気概も忘れ果て、
このままでは、存亡の危機にあること。
その真実を、政府やマスコミに替わって、
命を削って訴えておられるお姿は、
宗教の言葉を使えば、
まさに、旧約聖書にある預言者の姿であり、
また、
己を捨てて、大いなる愛に生きる
”菩薩”そのものでもありました。


「このままでは、愛する人も守れない、、、」
幸福実現党も、この夏、
拉致問題を真正面から取り上げて、選挙戦に臨みました。
様々な批判も受けましたが、
そんなケチな根性で、全300選挙区+比例区擁立など、
できることではありません。
国難を救うための、利害や打算を超えた、
真剣な闘いでありました、、。
正直、マスコミや、有権者の理解力の低さには、
心底、唖然としましたが~、
それでも、この国の未来を諦める訳にはいきません。

もう、残された時間は僅かです。
めぐみさん、そして全ての拉致被害者を、
北朝鮮という悪魔から救い出すために、
そして、
この日本を、鳩山亡国政権から救い出すために、
健全なる保守政党として、
良識ある皆さんと手を携えて、
頑張るのみです






久しぶりに銀座の党本部に顔を出しました
日々、実務に頑張っておられる
2009112812390000.jpg 2009112418070000.jpg
重田さんと、高山さん。
いつも、ありがとうございます。