広告
幸福実現党 加藤文康 2月16日(火) 公式ブログ

加藤文康(かとうぶんこう)のブログです。

 

 

07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

プロフィール

最新情報

検索フォーム

ご意見等

Copy right

このページの記事一覧
Posted on 20:38:37 «Edit»
2010
02/16
Tue

Category:日々の加藤と仲間たち

2月16日(火) 


信じられないことに、今、こんな時期に、
“消費税増税キャンペーン”が、
にわかに沸き起こってきました


菅副総理・財務相曰く、
「3月くらいから本格的に議論を始めたい」
のだそうです。
これが、あたかも、
責任ある政治家かの態度のように持ち上げる
マスコミにも問題がありますが、
要は、増税したのでしょうかね、、マスコミも~(笑)

日本の国家財政が、とても厳しい状況に
あるのは事実です。
いつまでも、こんな野放図な財政運営が、
許される訳もありません。

しかし、塗炭の苦しみにある現状の国民生活を無視して、
また、自分たちのバラマキ財政運営を棚に上げて、
こんな時期に増税しようという発想自体、
まさに、愚かさも極まれりです。

今、必用なのは、
明確な国家ビジョンであり、経済成長戦略であります。
また、大胆な金融・財政政策による景気回復であり、
それに伴う税収回復であるはずです。

行き過ぎた歳出削減や、安易な増税策が、
ときに全く逆の効果をもたらすことは、
過去の歴史が実証しています。
(勿論、今の行政には数え切れないムダがあり、
 その見直しの必要性自体は認めますが、、)

経営とは、人々のニーズに応えながら、
組織自体を、より豊かに、より発展させていく、
苦難の営みであります。
国民の苦しみを無視し、
国全体をより貧しくしていかんとする、
あまりに安易な、今の国家運営、そして、今の政治家たち、、。

菅財務相よ、
市民運動の感覚で運営するのは、
今の日本の財政規模は大き過ぎます。


今、この国に必要なのは、バラマキでもなければ、増税でもなく、
国民に夢と希望を与える経済成長なのです

今後も、声を大にして訴え続けて参りたいと思います。







IMG_0159_convert_20100216210018.jpg 
二俣川でご支援者の皆さんと。

 

   035_convert_20100216210217.jpg  茅ヶ崎駅頭で。