広告
幸福実現党 加藤文康 4月22日(木) 公式ブログ

加藤文康(かとうぶんこう)のブログです。

 

 

05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

プロフィール

最新情報

検索フォーム

ご意見等

Copy right

このページの記事一覧
Posted on 02:59:13 «Edit»
2010
04/22
Thu

Category:日々の加藤と仲間たち

4月22日(木) 


上海万博の開幕まで、あと10日となりました。

万博といえば、私はやはり、昭和45年の大阪万博を思い出します。
民族色豊かな各国パビリオン、
先端技術を披露し合う企業パビリオン、
そして圧巻は、国威を賭けた米ソ両館の競演と、
子供ながら大感激でした。
海外からの観光客が醸し出す国際ムードも最高で、
父に頼み込み、
夏休み中、二度も大阪に行ったことを覚えています。

多いときは、一日に百万人近い来場者で、大変な人ごみでしたが、
「月の石」を見るために、
3時間以上、黙々と並ぶ日本人の
秩序正しさ(忍耐強さ)は、
世界の賞賛(驚嘆)の的となったものでした。


昨日、上海では、地元住民を動員した
万博のリハーサルがあったそうですが、
こちらはわずか20万人で、早くもパニック寸前だったそうです

私も学生時代、中国大陸を放浪しましたが、
今でも強烈な印象として残るのが、
電車やバスの乗り降りの度に起きる、大混乱です。
降りる人が先で、そのあとに乗るほうが絶対、スムーズだし、
それが日本(世界各国)の常識のはずですが、
そうした常識が通用しない、、、
毎回、乗降車の度に起きる罵声や、乱闘寸前の大騒ぎに、
白人のバックパッカーたちと、
最初は絶句、
慣れてくると、
目を見合わせて苦笑したものです、、。


あれから二十数年、たちますが、
昨日の上海でも、
同じような光景が繰り広げられたのでしょうか。
学生時代の思い出をふと、思い出した瞬間でした、、