広告
幸福実現党 加藤文康 4月23日(金) 公式ブログ

加藤文康(かとうぶんこう)のブログです。

 

 

06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

プロフィール

最新情報

検索フォーム

ご意見等

Copy right

このページの記事一覧
Posted on 01:27:36 «Edit»
2010
04/23
Fri

Category:日々の加藤と仲間たち

4月23日(金) 


報道によると、
舛添要一参議院議員も、自民党を離党し
いよいよ新党結成だするそうです。

「みんなの党」「立ち上がれ日本」、そして
現在、議員ゼロの「日本創新党」に加えての、
新党結成です。

それにしても
「政策」よりも 頭数、
「漢字」よりも ひらがな、そして
「信念」よりも 目先の選挙
といった感じがしてなりません、、

まあ、政治家個々人が
どのように行動しようが、ご自由でしょう。
されど、舛添氏をはじめ、
続々と離党する自民党元幹部の姿には 正直、失望する限りです。
自分が長らく所属し、活動してきた保守政党が
今、泥沼に沈もうとしているのに、
危機打開に動くのではなく、
むしろ、われ先に逃げ出すのですから、、、。
この国難を前に、国会議員2~3名程度の小政党を作って、
一体、何ができるというのでしょうか?
民主主義の病弊とはいえ、
その姿には、怒りを通り越した哀れさ・コッケイを感じます。


「愚かだった。愚直だったかもしれません」
これが、普天間問題で詰め寄られた鳩山首相の、
昨日の発言です。
脱走者が続く不甲斐ない谷垣自民党と、
信念なき政治家たちが、
結果として、このような亡国首相の延命を
手助けしている事実を忘れてはいけないと 改めて感じた次第です。