広告
幸福実現党 加藤文康 5月5日(祝・水) 公式ブログ

加藤文康(かとうぶんこう)のブログです。

 

 

10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

プロフィール

最新情報

検索フォーム

ご意見等

Copy right

このページの記事一覧
Posted on 22:45:06 «Edit»
2010
05/05
Wed

Category:日々の加藤と仲間たち

5月5日(祝・水) 


大型連休最後の一日は、真夏のような日差しでしたね
小田原を皮切りに、煌めく相模湾を右手に眺めながら、
大磯、平塚等を抜け、本厚木、海老名と廻ってきました


昨日のブログで、川崎での政党セミナーにおける
大川名誉総裁のお言葉をいくつかご紹介しました。
数々の中から、私自身、特に心に響いたのが、
“日本は国難というが、要はトップ一人の問題でもある”、
という趣旨のお言葉でした。

鳩山総理が、この連休中に沖縄入りしました。
「最低でも県外移転」と、成算ないまま軽々しく公約してきた
普天間基地の移設問題ですが、
総理就任半年で、ようやくそれは現実的ではないと理解し、
今頃のお詫び行脚となったようです。

「学べば学ぶほど、アメリカの海兵隊が
 抑止力を維持していることが判った」
「考えが浅かったと言われれば、その通りかもしれない」
のだそうです
自業自得の迷走、、、
日本国民にとっては悲劇でありながら、
世界各国からみれば喜劇であるところに、
事態の本質的悲劇性があります。

大手マスコミも、ようやく“一国の総理としての見識を疑う”という論調に、
足並みが揃いましたが、時、既に遅しかもしれません。

しかし、傍観者を装うわけにもいきません。
国を滅ぼすのが、一人のリーダーであれば、
国を救うのも、そして
新たな国を興すのも、一人のリーダーであるはずです。
そして、それに従う、
数は少ないかもしれませんが、無我にして情熱溢れる人々であると信じます。


真っ赤に日焼けした顔を冷やしながら、
あれこれ考えている、連休最後の夜です。
明日からまた、喧騒の朝が始まりますね、、。
皆さん、共に頑張りましょう








IMG_0500_convert_20100505230710_20100505232026.jpg IMG_0497_convert_20100505230611_20100506003300.jpg
 
IMG_0493_convert_20100505230514_20100505232043.jpg
今日の車内は華やかで、
御機嫌の黒川白雲政調会長!
    車内から眺めた大磯の海に、癒されました。