広告
幸福実現党 加藤文康 6月1日(火) 公式ブログ

加藤文康(かとうぶんこう)のブログです。

 

 

08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

プロフィール

最新情報

検索フォーム

ご意見等

Copy right

このページの記事一覧
Posted on 21:14:47 «Edit»
2010
06/01
Tue

Category:日々の加藤と仲間たち

6月1日(火) 


早いもので6月です。
政局は、かねて予想していたとおり、
5月末を節目に、一気に流動化してきました。
鳩山首相は、明日当たり、辞任表明するのでしょうか、
それとも、普通とは違ったあの神経で、
続投するのでしょうか?
報道を見守りたいと思います。

さて、先般、内閣府は、「世界経済の潮流」を公表する中で、
2030年の世界のGDPシェアで、中国が23.9%と、米国を抜いて世界首位、
5.8%の日本の、ざっと4倍にまでなっていると予測しました。

(旧経済企画庁の流れを酌むのでしょうが)
内閣府といえども、政府の一機関です。
こうした無機質な試算には、
私自身、何とも言えないものを感じたのも事実です。

今、私達日本人に最も問われているのは、
こうした未来を受け入れるのか、否かということだと思います。

まあ、日本は人口は減少しているし、ハングリーさでも世界各国には敵わないし、仕方ないよ、、と
大方の国民がこの試算を受け入れるなら、
20年後には、この予測が現実のものとなっていることでしょう。
いや、それ以上に悲惨な現実が待ち構えているかもしれません。

しかし、今、我が国に必要なのは
こうした無機質な予測を、無気力に受け入れることではないはずです。
この国を断固、発展させる!という強い意志と、明確な成長ビジョン・具体的目標であり、
また、そうしたことを正々堂々と主張する政党・政治家ではないでしょうか。

幸福実現党は、内閣府が発表した、
こんな未来を断じて受け入れるつもりはありません。
日本を再び、世界に冠たる経済大国とする!
しかも、深い精神性を湛えた経済大国とする!
こうした強い決意と、明確なビジョンを持って
日々、活動している政党があるということを、
一人でも多くの方に知って頂きたいという思いを、
改めて強くした次第です。




IMG_0562_convert_20100528221901_20100607002443.jpg
江ノ島にも行ってきました!