広告
幸福実現党 加藤文康 6月10日(木) 公式ブログ

加藤文康(かとうぶんこう)のブログです。

 

 

10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

プロフィール

最新情報

検索フォーム

ご意見等

Copy right

このページの記事一覧
Posted on 00:58:13 «Edit»
2010
06/11
Fri

Category:日々の加藤と仲間たち

6月10日(木) 


今宵は、大川隆法先生が横浜にお越し下さり、
私も、幸福の科学横浜中央支部で開催された
「マッカーサー 戦後65年目の証言」講義に参加してきました。

戦後の日本レジームを築いた、アメリカ側最大の当事者は、やはりマッカーサー元帥でしょうが、
元帥が死後、天上界高くに還り、既に神格を得ているのに対して、
我が国側は、戦後の二大宰相とも称された吉田・鳩山元首相が、
死後、揃って高い世界には還っていないという真実が、
大川先生より、改めて明確に語られました。
犬猿の仲であった吉田・鳩山両氏ですが、揃って“迷っている”ということです。

さらに、その二人の孫が、
奇しくもそれぞれ首相となり、一年ももたずに退陣したのがちょうど、2009から2010年です。
この頃を一つの節目を迎え、日本はその衰退に加速がかかった感じがしてなりません。

戦後65年。 我が国は今、完全に行き詰まっています。未来への展望がありません。
何とか経済発展が続いているので、問題点が顕在化せず、これまで持ちこたえてきたものの、
唯一の自信の源泉であった経済も完全に下り坂となり、様々な諸問題も一挙に露呈し、
現在の国難に立ち至っていると思うのです。

今、私達日本人に必要なのは、
聖域なき戦後レジームの検証であり、
国家のあり方に関するタブーなき議論であり、
そして、神仏の視点に立った国家再建策である、
との確信・使命感を新たにした、ありがたいセミナーでありました


菅新内閣が、本格稼動しました
参議院選挙の日程や、新大臣の事務所経費の扱いを巡り、
組閣早々、馬脚を露してきましたね。
このあたりは、 機会を改めて述べたいと思います。




 006_convert_20100611112048_20100611112154.jpg 
実現党後援会の青年部の皆さんと
001.jpg