広告
幸福実現党 加藤文康 6月13日(日) 公式ブログ

加藤文康(かとうぶんこう)のブログです。

 

 

05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

プロフィール

最新情報

検索フォーム

ご意見等

Copy right

このページの記事一覧
Posted on 01:50:09 «Edit»
2010
06/14
Mon

Category:日々の加藤と仲間たち

6月13日(日) 


日本に、にわかに“はやぶさ現象”が巻き起こっています。

「はやぶさ」は7年前にJAXAが打ち上げた小惑星探査機ですが、
幾多の致命的な困難を奇跡的に乗り越え、
小惑星で採取した土砂をカプセルで送り届けた後、まもなく大気圏で燃え尽きる予定です。
その姿に多くの人々が共感、感動しているのです。

月以外の天体に、2メートル角にも満たない探査機が7年もかけて到達・着陸し、
探査活動をなし遂げた後、なんと、地球にまで戻ってくるのです。
実に、驚くべき技術ではないですか

今回の“はやぶさ君”ブームですが、
一過性のもので終らることなく、
日本の科学技術力の素晴らしさを再認識し、
宇宙・航空分野に対する、人々の関心が深まる機会となりますように。

そして、「なぜ、世界一でないとダメなの?」といった愚問を跳ね返し、
やはり、宇宙・航空という分野に、もっと予算・人員を重点的に配分していく機会となりますように。

私は、「子育て手当て」も結構ですが、
より大きな発想で“第二のはやぶさ君”を創るために貴重な予算を使うことが、
国家百年の計になると考えています。

いずれにせよ、
“はやぶさ君” お疲れ様でした