広告
幸福実現党 加藤文康 10月20日(水) 公式ブログ

加藤文康(かとうぶんこう)のブログです。

 

 

07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

プロフィール

最新情報

検索フォーム

ご意見等

Copy right

このページの記事一覧
Posted on 22:55:13 «Edit»
2010
10/19
Tue

Category:日々の加藤と仲間たち

10月20日(水) 


18日の参院決算委員会で、驚くべき事実が明らかになりました。

自民党の丸山和也参議院議員が、例の中国人船長の釈放決定直後に、同じ弁護士出身で旧知の、あの仙谷官房長に℡。

「船長を訴追すべきだった」(丸山)
「そんなことをしたら、11月のAPECが吹っ飛ぶぞ~」(仙谷)
「国家の損失だ。将来、日本は中国の属国になってしまう」(丸山)
「属国化は、今に始まったことじゃない~」(仙谷)

丸山議員も、個人的な信義があったでしょうが、国益を考え、
よくぞ、やり取りを公表してくれました。

それにしても仙谷氏、「自分は健忘症なのか、(そんな会話は)記憶にない」と惚けた上で、
「友人関係の話を、国会で暴露し、質問するのははなはだ不本意だ」と不快感まで示したそうです。


中国の覇権主義の前に、日本に残された時間は、もう殆どありません。
全国津々浦々から沸きあがる、国民の怒りの声で、
こんな官房長官と、彼を任命し勝手放題させている総理大臣を、
一気に総辞職に追い込むべき時が、
まさに来たのではないでしょうか