広告
幸福実現党 加藤文康 11月1日(月) 公式ブログ

加藤文康(かとうぶんこう)のブログです。

 

 

05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

プロフィール

最新情報

検索フォーム

ご意見等

Copy right

このページの記事一覧
Posted on 22:32:57 «Edit»
2010
11/01
Mon

Category:日々の加藤と仲間たち

11月1日(月) 


一昨日の石垣島に続いて、昨日は沖縄本島で、大川隆法名誉総裁のご講演「国を守る責任」が開催されました

「中国は、“沖縄は中国固有の領土”と宣言するタイミングを見計らっている。沖縄はまさに、蛇に睨まれた蛙の状況にある」
「沖縄から米軍が撤退すると、簡単に台湾は墜ちる。米軍がなくなって一番、得をするのは誰かを考えたら、反基地運動の犯人が判る」
「今の日本に必要なのは、外交の鉄則・原理原則を立てること。中国人船長の釈放にしても、原理原則を外したのが問題。」
「“国内法に基づいて淡々と処理する”と言った以上、それを押し通せば国際的信頼と支持が得られたのである。最後は、国際社会の判断が大きな圧力となる。やはり、筋を通すべきだった」
「外務大臣や防衛大臣の代わりに、今、幸福実現党が“正論は正論!”としてがんばっている。どうか、皆さんも、日本の国益を一緒に考えてほしい!」




因みに、韓国は2003年からの5年で、不法操業等をする中国船を2000隻以上、拿捕し、2万4千人以上を逮捕しています。(さらに、数百億ウォンの損害賠償まで!)
ロシアに至っては、不法操業する中国船への銃撃など当然で、数十人を射殺しているといいます。




「悪には屈しないこと」
「侵略に対しては、事前に準備をすること」
「サムライ精神を取り戻すこと」
「正論は譲らないこと」

『日本外交の鉄則 (大川隆法著:2010年幸福現党刊)』の言葉が胸に響いてきます。
そして書籍は最後に、次の言葉で締められています。
「しかし、基本は人間としての胆力である。日本よ、今こそ、眠れる大人物を掘り起こせ」