広告
幸福実現党 加藤文康 11月11日(金) 公式ブログ

加藤文康(かとうぶんこう)のブログです。

 

 

10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

プロフィール

最新情報

検索フォーム

ご意見等

Copy right

このページの記事一覧
Posted on 01:11:02 «Edit»
2010
11/12
Fri

Category:日々の加藤と仲間たち

11月11日(金) 


ビデオ流出の海上保安官を、如何に対処すべきか?
可哀相に~、警察庁も、検察庁も、苦悩しているようです。

確かに、国家公務員が独自の判断で、
業務上知り得た情報を勝手に公開するようなことが続けば、それは由々しき事態でしょう。
従って、警察がかの海上保安官を逮捕し、送検するのも
また、検察庁が起訴するのも、
各役所の責務に基づいた行為であり、私としても、あまり批判するつもりはありません。
(まあ、無罪判決か、せいぜい微罪の執行猶予判決が、従来の判例に照らしても濃厚ではありますが、、)


しかし、比較考量という側面も忘れてはいけないと思うのです。
どちらがより大きな利益(この場合は国益)をもたらすのか、、、という大人の判断です。

更に大切なのは、「誰が正しいのか」ではなく、「何が正しいのか」という理性的判断であります。これが、今、日本国民に問われていると思うのです。


安倍晋三元首相も、次のように訴えています。
“かの海上保安官は「日本の正当性を国民と世界に示した」のであり、
映像を非公開とした仙谷官房長官は「ひざを屈して日中主脳会談をやりたがる男」。
「どちらが愛国者か答えは明らかだ」”

正論ですね。