広告
幸福実現党 加藤文康 1月5日(水) 公式ブログ

加藤文康(かとうぶんこう)のブログです。

 

 

09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

プロフィール

最新情報

検索フォーム

ご意見等

Copy right

このページの記事一覧
Posted on 21:30:23 «Edit»
2011
01/04
Tue

Category:日々の加藤と仲間たち

1月5日(水) 


昨年7月の参議選で初当選した議員の資産が、
国会議員資産公開法に基づき、昨日、公開されました。

最も多かったのは、大手コーヒーチェーン創業者ですが、
(誠に失礼ながら)それでも、わずか4億円ちょっと。
若者に、夢と企業家精神を教えるためにも、数百億円の資産を期待していたのですが、、。

それよりショックだったのは、
金融資産だけでなく、不動産や自動車・ゴルフ会員権等、
あらゆる項目を通じて資産ゼロの新人議員が、なんと10名もいたことです
「蓄えと退職金の殆どを選挙に投入した」という供述には、納得も同情もできます。
しかし、別の議員の、
「有価証券に触れたこともない。資産報告に書けるものがなくて、少し恥ずかしかった」
というコメントに至っては、さすがに~、です。

(世界第二位の、と書きたいところですが、、)世界有数の経済大国、資本主義大国の国会議員に、こうした類の人物が増え続けて、この国は、大丈夫なのかと、心配になった次第です。


さらに、そもそも、こんな法律、
私には、ただの悪質な覗き見にしか思えません。
“政治家は皆、悪人。どうせ、権限を濫用して金儲けをしているに違いないさ”
という性悪説が、立法趣旨の根底にあるのは明らかで、
今すぐにでも廃止すべきです
憲法が保障する個人の財産権を明らかに侵害していますし、
自由主義・資本主義の精神を理解しない、小粒な国会議員の増殖を明らかに促進しており、
我が国の衰退の一因になっていると思うからです。
投票型民主主義は、何かと難しい、と痛感した次第でした。