広告
幸福実現党 加藤文康 1月21日(金) 公式ブログ

加藤文康(かとうぶんこう)のブログです。

 

 

06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

プロフィール

最新情報

検索フォーム

ご意見等

Copy right

このページの記事一覧
Posted on 21:18:04 «Edit»
2011
01/21
Fri

Category:日々の加藤と仲間たち

1月21日(金) 


予想されていたとはいえ、
2010年の中国の名目GDPが、日本を追い抜くことが確実となりました。
日本は約半世紀、守ってきた世界第二位の座から、第三位に転落です。

物価や為替相場の影響を除いた購買力平価でみた中国の名目GDPはもっと勢いがあり、既にアメリカに迫るとか、
十倍以上の人口の国なのだから、いつか、こうした時は来るさとか、
いや、彼の国の統計はいい加減で信用できないとか、、
まあ、様々な意見が争鳴ありますが、
いずれにせよ、
順位が落ちるのは、悔しい限りです
一昔前の小学校の運動会なら、
常連二位から三位に落ちた途端に、“もっと頑張らんか!”と
喝を入れてくれた体育の先生がいましたが、
そうした指導者が不在なのが、今の日本です。


釈尊は、仏教の教えの真髄のひとつとして、「中道」を説かれました。
「人びとよ、政治においても、経済においても、中道を旨とし、中道からの発展を旨とせよ。
「成功の時においては、万事は控えめに考えてゆきなさい。
 また、失敗の時においては、己の心を励ましながら生きるがよい。」
「愚かなる人間は成功のなかにあって、自我を拡張し、傲岸不遜となり、
 人を人とも思わないような発言を繰り返すようになる。
 そうして、いつか自分を取り巻く環境が悪化した時に、
 あっけなく失敗の底に沈み、誰も助けてくれる人がいなくなる。」
「失意にある者が、自虐的になり愚痴がかりを言っておれば、誰もまた、
 この人とつきあおうとはしないであろう。」
「国家のレベルにおいても、中道の行き方ということは、
 今後とも大切になってくるであろう。」
「それは、万民を害せず、万民を愛し、
 万民を幸福にするための道でもあるいうことなのだ。」

   (「仏陀再誕」   大川隆法著 1989年 幸福の科学出版)



醜い欲望を剥き出しにして、膨張・拡張欲に突き進む、肉食系国家・中国。
そして、
国家としての気概や危機感、自助努力の精神に基づいた健全な成長意欲も失ってしまった、草食系国家・日本。
このどちらにも、
今のままでは未来はないのは明らかです!









  
    110120_1951~0001
     こんばんは~  ゴミ箱に入ってしまい、出れなくなったミケより
     このあと、全力で脱出です