広告
幸福実現党 加藤文康 3月9日(水) 公式ブログ

加藤文康(かとうぶんこう)のブログです。

 

 

09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

プロフィール

最新情報

検索フォーム

ご意見等

Copy right

このページの記事一覧
Posted on 01:12:53 «Edit»
2011
03/10
Thu

Category:日々の加藤と仲間たち

3月9日(水) 


多忙でブログの更新ができずに、一週間以上が過ぎてしまいました

この一週間に、大川隆法総裁の初のインド・ネパール講演会が無事、終了しました。
デリー、ムンバイ、カトマンズの後、
最終回のブッダガヤでは、4万人以上の聴衆が屋外の会場に参加(空前の交通渋滞もあり、会場に入れない人がさらに3万人近く)という、まさに一大イベントになりました。

インド亜大陸といえば、私は学生時代の放浪以来、すっかりご無沙汰です。
灼熱の大地に埃と汗、
絶望的な貧困と、観光客にまとわりつく乞食たち、
そして、目だけがギラギラと光った雲霞の如き人々の醸し出す言葉にならない欲望のパワーにただ圧倒された日々を思い出します。
「阿佐ヶ谷、世田谷、ブッダガヤ~」と、
誰が考えたのか知りませんが、妙な日本語で話しかけてくる連中がたむろする仏教最大の聖地でしたが、
あれから三十年近くたったあの町に、数万人ものインド人が大川総裁のご講演を聞くために集まったという話を聞くに及び、私自身、まさに感無量です。

明日は、今回のインドご講演にプロデューサーとして事前準備から加わり、終始、同行された岩堀恭一先生が、
私の勤務する東京正心館に訪ねて来て下さるので、
みやげ話が、今から楽しみです


一方、
国内の政局に目を向けると、前原誠外務大臣に続き、細川律夫厚生労働大臣の首も風前のともしびで、
予てから予想していたとおり、
最悪の国難に出現した最悪の左翼内閣が、今まさに崩壊しようとしています。
見方を変えれば、
この国を建て直す最後の機会が訪れようとしていると思います。

では、続きは明日に、、。