広告
幸福実現党 加藤文康 3月14日(月) 公式ブログ

加藤文康(かとうぶんこう)のブログです。

 

 

05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

プロフィール

最新情報

検索フォーム

ご意見等

Copy right

このページの記事一覧
Posted on 23:27:00 «Edit»
2011
03/14
Mon

Category:日々の加藤と仲間たち

3月14日(月) 


以下は、大川隆法党名誉総裁の
「東北地方・太平洋沖地震について」の緊急セッセージです。

(2011年3月12日に収録された『諸行無常の風に吹かれて ‐インドと日本‐』の要約の一部です。)



・震災にあわれた皆様方に対しまして、大変残念でお気の毒なことと、心から心痛の思いを述べさせて頂きます。十分な力になれませんことを、本当に申し訳なく思っております。
・今後もさまざまな試練は続きますが、これらの試練の中で強く信仰を持って頂き、未来に生きていく糧、光として頂きたいと思います。海外からも多くの人々が、復興を願う祈りをささげて下さっています。どうか世界をひとつにつないでいく努力をして頂きたいと思います。
・災害をばねとして、また新しい復興、新しい日本への気づきが生まれることを、心より祈念してやみません。皆さんが早く元気になられて活躍されるよう、願ってやみません。




【メッセージのその他、要約の一部です。】

・先般、インド・ネパールに行ってきました。ネパールでは、首都カトマンズのホテルで、2000人以上を集めて講演しました。新聞社、国営放送まで入って全国に生中継されました。翻訳されている何冊かの本と、過去、ネパール国営放送で流れた私の英語説法や『仏陀再誕生』の映画などの実績からみて、向こうは完全に信頼して、中継を組んでいました。
・その翌々日も3月6日は、インド ブッダガヤにて過去最大規模の大講演会を開きました。4万人の野外会場がいっぱいとなり、入れない人が何万人か出るほど、次から次へと人が集まってくる姿を見て、何ともいえない感慨を受けました。この講演もインドのテレビ放送等で全国中継され、全世界の70か国にも配信されたと聞いております。新聞社も約10社ほど来ておりました。この背景には、宗教に対する肯定的感覚があります。
・前回の阪神大震災も今回の地震も、事実上の左翼政権が立ち上がっている時に起こったということを知らなければいけません。政局混迷のおりに大震災が起こったことの意味を考えなければならないでしょう。
・ここ2~3年、我々が政治に関して発言してきたことの多くは、そのとおりに現実として当たっており、マスコミは後追いで同じことを記事にして載せています。そのことについては、正直さがないと感じています。今、国師現れて日本の国を導き、世界教師として世界のあり方を指し示しているのです。
・現政権においても、復旧作業には頑張って頂きたいと思うますけれども、今後、これ以上の危機が来た時に、どうするかということを考える材料にもして頂きたいと思いますし、幸福実現党でもそうした提言を数多くなしていくべきだと考えています。