広告
幸福実現党 加藤文康 3月22日(火) 公式ブログ

加藤文康(かとうぶんこう)のブログです。

 

 

08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

プロフィール

最新情報

検索フォーム

ご意見等

Copy right

このページの記事一覧
Posted on 22:47:05 «Edit»
2011
03/22
Tue

Category:日々の加藤と仲間たち

3月22日(火) 


東日本大震災から10日以上、経ちました。
2万人以上の使者・行方不明者が出て、軽く20兆円以上といわれる損害が発生しました。(この数字は今後、さらに増えていくことでしょう。)
福島原発や被災地では、昼夜を問わず、今も命がけの復旧・救済活動が続いています。


確かに大災害ではありますが、私たちは大切なものを再確認できたとも思うのです。

韓国「東亜日報」が報じています。
「日本では大地震が襲っても、商品を持ち出す人が一人もいなかった。
犯罪や略奪、無秩序が横行するという話は、少なくとも日本では“遠い国の話”だ」
このように多くの海外メディアが、逆境の中にあっての日本人の冷静さと助け合いの精神、秩序意識の高さを称えています。


日本は必ず、この悲劇を乗り越えられます。
いやむしろ、今回の天災を過去の反省も踏まえつつ乗り越えることで、
新たな国造りが始まる予感がしてなりません。

今、必要なのは、未来は明るいと信じて疑わない心であり、
それを具体化した未来ビジョンであります。
そして、
それを実現する政治の健全なリーダーシップであり、
国民一人ひとりの公共心、奉仕の精神であると思います。


日々、被災地の皆様の辛苦が少しでも軽減されていくよう、心よりお祈り申し上げます。