広告
幸福実現党 加藤文康 5月22日(日) 公式ブログ

加藤文康(かとうぶんこう)のブログです。

 

 

07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

プロフィール

最新情報

検索フォーム

ご意見等

Copy right

このページの記事一覧
Posted on 23:34:33 «Edit»
2011
05/21
Sat

Category:日々の加藤と仲間たち

5月22日(日) 


安倍晋三元首相の
「菅首相の海水注入指示は、全くのでっち上げ」というメルマガ発言が話題になっています。

震災直後の3月12日、東電は現場の判断で、福島第一原発一号機に海水を注入開始。(それ自体は東電の内部規定に沿った妥当な判断です。)
しかし、その後、東電は海水注入を中断し、数時間後に慌ただしく再開しています。

この中断が、被害をさらに拡大したとの見方が現在、大勢ですが、そもそもなぜ、中断となったのか?
そこには、菅首相の「俺は聞いていない」という、いつもの激怒があったというのです。
さらに、首相官邸は、自分たちの判断ミスを隠蔽の上、
“海水注入に踏み切ったのは首相の英断”というとんでもない嘘をマスコミにばら撒いている!、
というのが今回のメールであります。
現首相に率直な謝罪と辞任を要求する、元首相としてはかなり踏み込んだ内容であります。


これに対する枝野官房長官ですが、
「安倍氏の発言が、偽メール事件にならなければいいが」と、相変わらず小馬鹿にした態度です。
でも、「偽メール事件」なんて、民主党としては思い出したくもないはずの、痛恨の恥さらし事件であります。
こんな事件まで引き合いに出して反論するなんて、
真実を知る枝野氏なりの狼狽が感じられてなりません。


それにしても、自民党現執行部も、いつまで菅首相を延命されておくのでしょうか
谷垣総裁よ、もっと、しっかりしろ
と言いたいところです。