広告
幸福実現党 加藤文康 6月2日(木) 公式ブログ

加藤文康(かとうぶんこう)のブログです。

 

 

10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

プロフィール

最新情報

検索フォーム

ご意見等

Copy right

このページの記事一覧
Posted on 20:51:36 «Edit»
2011
06/02
Thu

Category:日々の加藤と仲間たち

6月2日(木) 


内閣不信任案は、あっけない幕切れで終わりました。
ここまであっけないと、むしろ失望を通り越して、笑いが込み上げてくる感じです
鳩山前首相が、のこのこと首相官邸に出向き、菅首相とヘタな妥協をした結果です。
いつまでたっても、煮え切らなく、かつ迷惑な存在ですね、この前首相は、、

民主党で不信任に賛成票を投じたのは、離党を表明済みの横粂勝仁氏と松木謙公氏の二名だけで、
あとは13名の欠席・棄権に留まりました。
また、共産党は棄権、社民党は欠席。
それにしても、棄権・欠席というのは、議員として何とも不誠実というか、卑怯な態度表明ですよね。
こんな大事な採決なのですから、正々堂々、出席して、賛否を投じるべきです。


中国も、中央テレビのニュース専門チャンネルで、この不信任案採決の様子を生中継したようです。
共産党独裁下の中国民衆に、民主主義のあり方が少しでも伝わったのであれば、
この田舎芝居も、少しは意義があったかもしれません。
ただ、ニュース中の、「決議案否決で菅首相の地位は結果として強まった。菅政権は、中日関係をどう発展させるか考慮できるようになった」とのコメントは余計でしたが