広告
幸福実現党 加藤文康 2011年7月7日(木)  聖なる日に想う、、、 公式ブログ

加藤文康(かとうぶんこう)のブログです。

 

 

09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

プロフィール

最新情報

検索フォーム

ご意見等

Copy right

このページの記事一覧
Posted on 20:49:49 «Edit»
2011
07/07
Thu

Category:日々の加藤と仲間たち

2011年7月7日(木)  聖なる日に想う、、、 


本日は、大川隆法名誉総裁の55回目のご生誕を祝う記念日で、
早朝から全国・全世界で、祝賀式典が開かれました。
私のブログもそうした日に相応しく、
爽やかに、かつ格調高く いきたかったのですが、、
マスコミ報道に思わず怒りが込み上げてきました。


「菅首相、原発再開のための新たな指針作成を指示」だそうです。
海江田経済産業相の奔走で、運転停止中の九州電力玄海原発の再稼働がせっかく決まりかけていた折の、首相のまたもやの暴走です
これは一見、、
「再稼動するには、安全確保のための新たなルールが必要だ」と、もっともな主張に見えながら、
要は、
「新ルール策定まで再稼動は認めない」という、
浅ましい人気取りと、その上で原発は廃止したいという市民運動家あがりの首相の隠れた本心が見て取れる決定であります。

国家や地域の将来を考え、再開了承という苦渋の決断をしていた玄海町長、
そして、
原発再稼動に奔走していた海江田経済産業相(先程、辞意を示唆)も怒り心頭ながら、
首相の指示とあっては、如何ともしようがありません、、。

それにしても、
今回の首相による、法的根拠の全くない思いつきのパフォーマスの悪影響は計り知れません。
全国の電力不足による、電気料金の値上げ、切電による熱中症患者の多発、工場の海外逃避と産業空洞化、、、。
さらには、
火力発電(石油)依存の電力供給の国防上の危うさは、以前から指摘してきたところですが、
さぞ、中国も大喜びのことでしょう、、。

こんな首相の政権、一体、いつまで続くのでしょうか、、?
スポーツ紙などは首相を完全に“狂人”扱いですが、
一貫して菅首相を応援してきた朝日新聞ですら、最近はさすがに匙を投げた感じの昨今です。

己の欲得した考えない精神異常な首相の治世が、一日いちにちと延びるだけで、
この国の亡国がより早まるというこの現状を
皆さんはどう思われますか?

エジプトやチュニジアのような遠い外国だけはなく、我が国・日本だって同じです。
国民を不幸にする亡国政権打倒のために、
一人ひとりが、それぞれの持ち場で、
声を大にして立ち上がらなければならない時が来ていると思うのです。