広告
幸福実現党 加藤文康 2011年7月28日(木)  教科書採択の暑い夏 公式ブログ

加藤文康(かとうぶんこう)のブログです。

 

 

07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

プロフィール

最新情報

検索フォーム

ご意見等

Copy right

このページの記事一覧
Posted on 21:48:26 «Edit»
2011
07/28
Thu

Category:日々の加藤と仲間たち

2011年7月28日(木)  教科書採択の暑い夏 


我が家の子供たちも夏休みで、家でゴロゴロしており(笑)、
それだけに夏本番を実感します。

今年は、4年に一度の教科書採択の年です、
8月31日の採択期限までに、各地方教育委員会で、子供たちが学ぶことになる教科書を決定していきます。

数学・理科等の理数系科目の教科書は各社とも大差ありませんが、
社会・公民の教科書になるとまさに玉石混交、、
はっきり言って、子供たちにとても読ませられない教科書が堂々と検定に合格しています。

「(自衛隊は)憲法第9条、そして平和主義に反するのではないかという議論は、冷戦終結後の今日も続いています (帝国書院)
今回の大震災での自衛隊の献身的な活動を見るまでもなく、国民の大多数は自衛隊を違憲の暴力装置などとは思ってはいません。今時、自衛隊の存在に反対しているのは、 せいぜい共産党や社民党等、ごく一部の化石のような連中でははいですか(笑)。なぜ、教科書にわざわざ、こんな一部極左勢力の主張を掲載するのでしょうか

「(PKO、海賊対策等)このような自衛隊の任務拡大は、世界平和と軍縮を率先してうったえるべき日本の立場にふさわしくないという声もあります」 (東京書籍)
教科書執筆者をはじめとする朝日・岩波系文化人は、ソマリア沖で海賊に襲撃される日本の貨物船を見殺しにするか、それとも他国の軍隊にお金を払って可能な範囲で救ってもらえばよいとでも思っているのでしょうか

「日本海に位置する竹島(島根県)については、日本と韓国の間にその領有をめぐって主張に相違があり、未解決の問題となっています。また、東シナ海に位置する尖閣諸島(沖縄県)については、中国もその領有を主張しています」 (教育出版)
竹島も尖閣諸島も、近代国際社会で諸列強からも一貫して日本領土と認められてきた島々ではないですか  日本はいつシナや朝鮮との戦争に敗北し、領土を割譲したのでしょうか。 こんな教科書を検定合格する、文部科学省など、百害あって一利なしの存在です。 


教科書は(いくら以前より枠割が低下したとはいえ、)
子供たちの知識と思考を形成するうえで、絶大な影響力のある基礎教材であります。
どのような理念のもとに、子供たちの魂を育んでいくのか。
私たち大人はもっと真剣に考えなければなりません。
少なくとも、民主党のバラマキ政策にとびつくような無節操・無責任な大人をいくら量産したところで、国家に未来などないことに気づかなければなりません。

現在、もっともまともな教科書は、やはり育鵬社のものでありましょう。
しかし、いまだに採択率は低く、
この教科書を採択しようとする地方に対しても、
左翼系団体の様々な圧力が続いているのが事実です。

教育正常化のための、熱い夏本番が到来です。
みなさん、共に頑張りましょう