広告
幸福実現党 加藤文康 2011年8月22日(月)   民主党最後の内閣、、、 公式ブログ

加藤文康(かとうぶんこう)のブログです。

 

 

09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

プロフィール

最新情報

検索フォーム

ご意見等

Copy right

このページの記事一覧
Posted on 22:42:40 «Edit»
2011
08/22
Mon

Category:日々の加藤と仲間たち

2011年8月22日(月)   民主党最後の内閣、、、 


菅首相の後継選びが、今にきて本格化してきました。

早期の解散・総選挙を願う自民党と、
早期の解散を圧倒的多数の議員が恐れる民主党とのあいだでは、
大連立も、選挙管理内閣も、交渉の余地がないのは当然といえば当然でしょう。
来週には三人目の民主党総理が、不気味な静けさの中、誕生ことになりそうです。

ここにきて、
世論調査で「次期首相に相応しい政治家」のトップを常に走ってきた前原誠司元外相が、後継に名乗りを挙げそうです。
最左翼の菅首相のあとに保守リベラル系というのは、
民主党の党内力学からみて判らなくもありませんし、
三人続けてあっけなくコケたら、もう後がない民主党だけに、
党首経験があって人気もあるエース級を!、
という空気も理解できなくはありません。

前原氏は、松下政経塾出身の理念をもった政治家ではありますが、
三月に発覚した外国人献金問題やかつての偽メール事件など、
脇があまりところもあり、
果たしてこの国難を乗り切るだけのリーダーとしての器なのか、は大いに疑問が残ります。

まあ、仮に誰が後継となっても、民主党政権最後の首班総理となることでしょう。
実に奇妙な願望ですが、
三人目となるこの民主党内閣が、
なるべく早い時期に、
しかも、国家と国民に与えるダメージが少なくなるべく状態で、
行き詰まり、
そして、解散・総選挙となることを願うのみです。