広告
幸福実現党 加藤文康 2011年8月26日(金)   一票の格差是正を急げ 公式ブログ

加藤文康(かとうぶんこう)のブログです。

 

 

08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

プロフィール

最新情報

検索フォーム

ご意見等

Copy right

このページの記事一覧
Posted on 23:41:56 «Edit»
2011
08/26
Fri

Category:日々の加藤と仲間たち

2011年8月26日(金)   一票の格差是正を急げ 


民主党の新党首(新首相)選出が、国民のシラケムードの中、様々な思惑を秘めながら進んでいますが、
だれが選出されようとも避けて通れない喫緊の課題があります。
それが、「一票の格差」是正であります。

「一票の格差」が最大2.3倍だった一昨年の衆議院選挙を「違憲状態」と認定した最高裁判決から、早くも5か月が経ちましたが、その間、いかに大震災があったとはいえ、国会では、違憲解消に向けた進展はありませんでした。

選挙制度は人間の作った制度だけに、いずれも一長一短があるのは当然です。
農村部に過度の議席を割り振った現行の選挙制度が、我が国の政策決定を歪めているのも事実でしょう。

格差税制といっても、
今、必要なのは、選挙制度に関する哲学的議論ではありません。
人口の少ない地方選出の議員を十名程度減らして、それを都会に割り振ることで違憲状態を解消し、
いつでも正々堂々と衆議院解散ができる状態にすればよいだけなのですが、
議員の地位・身分に直結する話だけに、試案の一つが出るだけで話は紛糾、、。
やはり国会議員同士の議論に期待するのは無理なのでしょうか、、。

国会で話が進まないのならば、ここは思い切って、
裁判員制度に倣って無作為に抽選で選出した国民十名程度に、専門スタッフを付けたうえで各党の試案を検討させ、一気呵成に改正案をまとめてもらう、、のは如何でしょうか?
そのくらいの大胆さも必要かと思います。
(それがいやなら、国会議員自身が責任をもって、国民多数の納得のいく結論を出すべきです。)

いずれにせよ、違憲状態解消のための新首相のリーダーシップを望みます!
合憲状態下での、速やかな衆議院開催のためにも。