広告
幸福実現党 加藤文康 2011年9月11日(日)   いやはや、、 公式ブログ

加藤文康(かとうぶんこう)のブログです。

 

 

08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

プロフィール

最新情報

検索フォーム

ご意見等

Copy right

このページの記事一覧
Posted on 00:28:38 «Edit»
2011
09/12
Mon

Category:日々の加藤と仲間たち

2011年9月11日(日)   いやはや、、 


多忙でブログの更新が数日、出来ませんでしたが、
振り向くと、
6割以上の高支持率でスタートした野田内閣、早くも発足9日で暗雲です。

些細なことで政治家の足を引っ張り続けてきた日本のマスコミも愚かではありますが、、
今回は、鉢呂さんのほうがもっと愚かです。

そして、さらに愚かなのが、野田新首相です。
日教組のドンなどを幹事長に起用し、
国家の命運がかかったこの時節に、よりのよって「素人」を財務相や防衛相に登用し、
さらには、反原発を党是とする旧社会党出身者を経済産業相に据えていたのですから。

民主党に人材の少ないのは以前から判ってはいました。
それよりもむしろ問題なのは、
国家に害悪を与えるような人物ばかりが巣食っている、現在の民主党の本質であります。

私は決して、人の批判など好きではありませんが、
ここは国難ですから、
鳩山・菅氏と続けてこれで三人目となりますが、野田政権の過ちを指弾し続けていく所存です。

松下政経塾で幸之助翁の「無税国家論」を学びながら、
財務省の操り人形に堕して、こともあろうかデフレ不況下の増税路線を突き進み、、
一国の宰相として国防や教育を語ることもない、、、
ヌルヌルと自己保身と己の出世ばかりを考えるドジョウ総理の、一刻も早い退陣を求めます。

やはり、解散総選挙しかないでしょう。
「民主党が政権をとったら、こうなりますよ」と二年前の総選挙から訴え続けてきたのが、幸福実現党であり、私であります。予言は成就しました。
そろそろ日本国民も、残された唯一の選択肢に未来への希望を託すべきではないでしょうか。
「時、既に遅し」となる前に、、。