広告
幸福実現党 加藤文康 2011年10月12日(水)  TPP交渉 公式ブログ

加藤文康(かとうぶんこう)のブログです。

 

 

10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

プロフィール

最新情報

検索フォーム

ご意見等

Copy right

このページの記事一覧
Posted on 21:22:25 «Edit»
2011
10/12
Wed

Category:日々の加藤と仲間たち

2011年10月12日(水)  TPP交渉 


多忙な日々で、ブログの更新がしばらく出来ず、申し訳ありませんでした


さて、
環太平洋経済連携協定(TPP)交渉への参加をめぐる国内議論ですが、
そろそろ結論を出すべき時期になりました。
結論など判り切っています。

11月上旬のハワイAPECでの大筋合意に向けて、関係各国が盛んに動いているのですから、我が国も一刻も早く参加表明して、議論をリードするべきです。
(交渉団にしても、外務省や経済産業省の役人に任せるのではなく、各界から選りすぐった交渉の達人も加えた、国家最強のチームを形成すべきです。)

これは単なる貿易立国としての損得などではありません。
世界のリーダーを目指す国として、新たな世界的枠組みの形成があるのならば、積極的に関与していくのが当然だと思うのです。

そもそも、このような大問題は、トップが明確に判断して、方針を示すべきです。
国内農業が大変だ~
外国人労働者の流入の増大~
など、そんなこと、当然、乗り越えるべき痛みではないですか。

党内調整などとくだらないことを言わないで、果敢なリーダーシップを発揮し、国家として進むべき方向を示してもらいたいものです。
(そのくらいのリーダーシップがあれば、私も野田さんを少しは見直すのですが、、)

今、必要なのは、
「我が国こそ、世界のリーダーたらん」という気概と決意であり、そのための明確な戦略であります。
たかがTPP、早めに参加表明して、議論をリードする気概なくして、一体、どうするのでしょうか!

内向き思考は、もううんざりです。
頑張れ ニッポン! 世界の良きリーダーたれ! であります。