広告
幸福実現党 加藤文康 2011年12月23日(金・祝) 祝・八ツ場ダム工事再開 公式ブログ

加藤文康(かとうぶんこう)のブログです。

 

 

07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

プロフィール

最新情報

検索フォーム

ご意見等

Copy right

このページの記事一覧
Posted on 12:53:21 «Edit»
2011
12/23
Fri

Category:日々の加藤と仲間たち

2011年12月23日(金・祝) 祝・八ツ場ダム工事再開 


「(他の代替案と比較して)即効性があり効果的な治水対策だ」
「東日本大震災では自然の猛威に対して謙虚さが足りなかった。その反省と教訓をどう反映させていくかずいぶん考えた」
建設事業を凍結していた群馬県八ツ場ダムの本体工事のための経費を来年度予算に計上すること(要は事業再開)を決めた前田武志国交相の発言です。

私自身、二年前に参議院補選に出馬した際も、声の限りに八ツ場ダム工事の継続を主張したことを思い出します。
この二年間の、政府民主党の迷走はいったい何だったのでしょうか。
工事中断による直接理由だけで数十億円の税金が無駄使いが発生しましたし、無責任な人気取りマニフェストに振り回された自治体などそれこそ迷惑千万、いっそのこと、民主党への巨額な損害賠償請求でも検討すべきです。
いずれにせよ、この政党の無責任なポピュリズム体質を象徴する一件として、後世に語り継がれることでしょう。

それにしても往生際が悪いのが、前原誠司政調会長です。
自分のメンツだけで、いまだに工事再開に反対し続けています。
「何様なんだよ、あの人はいったい。ちょっとのぼせているんじゃないですか」とは石原慎太郎都知事のコメントですが、さすがご老人、確かにそのとおりです
野田政権も来年前半には行き詰ることが予想されますが、こんなことでは前原氏、野田後継の座は難しいことでしょう。