広告
幸福実現党 加藤文康 2012年3月13日(火)   消費税増税関連法案 公式ブログ

加藤文康(かとうぶんこう)のブログです。

 

 

07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

プロフィール

最新情報

検索フォーム

ご意見等

Copy right

このページの記事一覧
Posted on 09:22:26 «Edit»
2012
03/13
Tue

Category:日々の加藤と仲間たち

2012年3月13日(火)   消費税増税関連法案 


野田首相は12日、消費税増税関連法案を23日に閣議決定して、本国会に提出する方針を固めたとの報道です。
消費税を、平成26年4月に8%、27年10月に10%へと段階的に引き上げる内容であり、
大震災からの復興も進まない中での暴挙であり、ご乱心としかいいようがありません。

今般、「財務省のスピリチュアル診断  ―増税論は正義かそれとも悪徳か―」(大川隆法著、幸福実現党刊)が発刊され、その中で行われた勝栄次郎財務事務次官・守護霊へのインタビューを通じて、
“マスコミを味方につけ、民主党に政権を取らせて増税し、自分たちの権益を増大せんとする財務省の悪のシナリオ”が明らかになりました。
アメリカのオバマ大統領はふたごの赤字で国家が苦しむ中、先月、最高税率を35%から28%に引き下げることを発表した。その前にはバーナンキ米連銀議長が2%のインフレターゲット目標と資金供給の増大を発表した。すべて幸福実現党の従来から主張している方向である。
まず増税ありきではないのだ。経済発展あってこその税収増なのである。
役所は、自然とセクショナリズムとなり、自己中心的になっていく。顧客なるものは、すでに囲い込んでおり、逃げようがないと思い込んでいるからだ。そうして国際競争力を落としていくのである。

(同書「あとがき」からの抜粋)

野田首相と財務省による今回の増税シナリオは、国家衰退の流れをそれこそ決定的にしてしまうものです。
何としてでも、食い止めなければなりません。




船橋③
船橋② 3月10日(土)、野田首相の地元・船橋市内で、幸福実現党千葉県本部主催による、デモ行進が行われました。
「民主党からメチャクチャ政治から、日本の繁栄を守り抜こう!
 消費税増税 反対! 野田首相 即時退陣!」
党員に加え、多数の地元の心ある方々がご参加下さいました。
氷雨降る中、皆さん、本当に頑張られました!