広告
幸福実現党 加藤文康 2012年3月14日(水)   台湾への非礼 公式ブログ

加藤文康(かとうぶんこう)のブログです。

 

 

07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

プロフィール

最新情報

検索フォーム

ご意見等

Copy right

このページの記事一覧
Posted on 09:04:10 «Edit»
2012
03/15
Thu

Category:日々の加藤と仲間たち

2012年3月14日(水)   台湾への非礼 


政府は、3月11日の東日本大震災の追悼一周年式典で、
せっかく出席してくださった台北駐日経済文化代表処の副代表を、日本政府が使命する「外交団による献花対象者」から除外していたことが明らかになりました。

当日は、160人の外交団が参加し、献花しましたが、
台湾の外交団は、1階の外交団等が座る来賓席ではなく、2階の一般席での着席となり、さらに国名が読み上げられる「指定献花」の対象からも外されたとのことです。

そもそも台湾は、今回の大震災に際して、世界最大規模の約200億円の義援金や様々な救援活動など、国民を挙げて日本を助けてくれました。その台湾に対してあまりの非礼に、言葉もありません。
「台湾とは国交がないので」と外務省は言い訳するでしょうが、国交のないパレスチナの外交団だって今回の式典に参加しています。
どうせ、中国の顔色を伺っての小役人判断とは思いますが、仮に今回のような追悼式典に台湾を国家待遇で参加させたところで、中国も自らの度量の小ささが世界に知れ渡るような抗議はしないはずです。外務省は、中国に対する絶好のカードを、自己保身から活用しなかったことになります。

それにしても、政府も政府です。
「事務方ですべておぜん立てした。事務レベルの仕切りに問題があったとは思えない」(藤村官房長官)と、早くも逃げの一手ですが、官僚主導から政治主導を高らかに謳って3年前に政権をとったことを、忘れたのでしょうか?厚顔無恥にもほどがあります。

台湾政府及び国民に対して、今回の政府の非礼を、一人の日本国民として心よりお詫び申し上げたいと思います。