広告
幸福実現党 加藤文康 2012年3月19日(月)   風雲急を告げる 公式ブログ

加藤文康(かとうぶんこう)のブログです。

 

 

04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

プロフィール

最新情報

検索フォーム

ご意見等

Copy right

このページの記事一覧
Posted on 11:47:41 «Edit»
2012
03/19
Mon

Category:日々の加藤と仲間たち

2012年3月19日(月)   風雲急を告げる 


北朝鮮の独裁者・三代目は、4月の12~16日に地球観測衛星「光明星3号」を運搬ロケット「銀河3号」で打ち上げるとのことです。
要は、金日成生誕100周年にあたる4月15日に長距離弾道ミサイルを発射し、近隣諸国を恫喝しつつ国威発揚を果たし、自己の脆弱な権力基盤を強化したいのでしょう。
されどこれは明らかに、2月末の米中合意違反です。
因みに三代目からは、「われわれは核を持っている。食料は南(韓国)に献上させろ」という「核積極活用」の指示も出ているとの、マスコミ報道です。
我が国として決して看過できない、由々しき事態が刻々と近づいています。

そして、中国です。
3月16日には、最新鋭の中国巡視船(中国国家海洋局所属)2隻が、
尖閣諸島沖の日本領海に侵入しました。
我が国海上保安庁の巡視船の警告に対して、「釣魚島を含むその他の島は中国の領土だ」と応酬。
続けて翌日17に中国は、東シナ海の日中中間線に隣接のガス田周辺で、巡視船6隻に巡視ヘリまで加えた大規模な海空合同訓練まで実施した模様です。
一連の暴挙に関して中国国家海洋局のホームページは、「我が国の主権と管轄権を示すことができた」と鼻高々です。

4月はいったい、何が起きるのか、、、
以前から幸福実現党が警告していたとおり、国防上の危機が迫っているのは明らかです。
緊急事態が近づいているのに、民主党政権は、あまりにも、あまりにも、国防問題に無関心過ぎます。
消費税増税関連法案など、やらなくてもいい、いや、むしろ、やってはいけないことに政治的エネルギーを集中投下しながら、無能極まりない素人防衛相に国防問題を丸投げしているのが、野田首相なのです。

春爛漫なのに、嘆息止まず、、です。







   IMG_1062_convert_20120319124942.jpg    IMG_1061_convert_20120319124811.jpg
      我が家の紅白の梅も満開です。