広告
幸福実現党 加藤文康 2012年5月15日(火)   沖縄復帰40周年 公式ブログ

加藤文康(かとうぶんこう)のブログです。

 

 

10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

プロフィール

最新情報

検索フォーム

ご意見等

Copy right

このページの記事一覧
Posted on 00:25:25 «Edit»
2012
05/16
Wed

Category:日々の加藤と仲間たち

2012年5月15日(火)   沖縄復帰40周年 


沖縄県は本日、祖国への復帰40周年を迎えました。
小学生の頃にTVで見た佐藤栄作首相や山中貞則総務長官の映像を思い出します(若い人は知らないでしょうが、、、)

確かに、太平洋戦争末期の沖縄戦では数多くの悲劇がありました。そして現在まで、県内各地には駐留米軍施設が数多く残っています。
沖縄県民の間に、米軍や本土に対する複雑な感情が残るとしても致し方ない面はあるでしょう。
されど、東京だって、連日の空襲に苦しんだ揚句に、昭和20年3月10日の大空襲では、一晩で10万人以上の人が犠牲になっているのです。


国際情勢を考えることもなく、果てることなく繰り広げられる反米軍基地闘争、
基地受け入れの代償と懐柔のために40年間に渡って投入された10兆円超の国家予算、
そして相も変らぬ自虐史観と祖国批判、、
沖縄もそろそろ変わらなければ、、、
それこそ尖閣諸島を奪取し、沖縄を併合しようと虎視眈々と狙う中国の思う壺です。

「沖縄県民が、どれほど自分たちが逆洗脳をかけられていたかがよく判るようなことが、間もなく起こるでしょう。」
一昨日の大川隆法党名誉総裁の言葉(「ユートピア活動推進館」落慶記念兼立党3周年記念講話)が、頭から離れません。

因みにこの言葉は、沖縄県民だけでなく、民主党に投票した多くの日本人へのメッセージでもあると思います。
皆さん、明日も頑張りましょうか!