広告
幸福実現党 加藤文康 2012年5月28日(月)   原子力規制庁 公式ブログ

加藤文康(かとうぶんこう)のブログです。

 

 

03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

プロフィール

最新情報

検索フォーム

ご意見等

Copy right

このページの記事一覧
Posted on 19:47:57 «Edit»
2012
05/28
Mon

Category:日々の加藤と仲間たち

2012年5月28日(月)   原子力規制庁 


明日の衆議院本会議で趣旨説明が行われ、原子力規制庁設置法案がいよいよ審議入りとなります。
幸い、そうあっさりと法案が成立する環境ではありませんが、実にいやな感じの法案です。
環境庁の外局というのが合点がいきませんし、名は実体を表すだけに、規制庁という名称自体もよろしくありません。

そもそもの発端となった昨年の大震災と大津波ですが、原発事故の死者はゼロでした。
放射能被害が広がったのは、あくまでも冷却用電源の故障が主な原因ですから、教訓を生かした対策は容易でありましょう。
また、民主党はウヤムヤにしようとしていますが、菅首相が功名心から周囲の反対を押し切って敢行した現地視察が現場を混乱させ、被害を大きくしたのも明らかです。

いずれにせよ原発がなければ、資源の乏しい日本は経済的に深刻な打撃を受けるだけでなく、
安全保障上も大きな危機にさらされるのは明白です。

因みに中国は、2050年までに沿岸部を中心に数百か所の原子力発電所を建設する予定とも聞きました。
正直いって、今の中国の技術レベルでは心許ない限りです。
ひとたび大事故でも起こされたら、放射能被害は日本にも間違いなく及ぶからです。

我が国は、性急かつ安易な脱原発路線とは断固、決別し、健全な原発推進路線に戻らなければなりません。
どうしても原発は嫌いという皆さんも世の中にはいることでしょうが、そうした皆さんのエネルギーは中国の原発規制に向けて発散して頂きたいと思います。