広告
幸福実現党 加藤文康 2012年6月24日(日)   北朝鮮拉致被害者救出のために 公式ブログ

加藤文康(かとうぶんこう)のブログです。

 

 

03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

プロフィール

最新情報

検索フォーム

ご意見等

Copy right

このページの記事一覧
Posted on 14:14:38 «Edit»
2012
06/25
Mon

Category:日々の加藤と仲間たち

2012年6月24日(日)   北朝鮮拉致被害者救出のために 


昨日6月23日(土)、「北朝鮮拉致被害者救済への道」と題して、
「北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(救う会)」の名誉会長で、弁護士の藤野義昭先生より、赤坂のユートピア活動推進館にて講演を賜りました。

「救う会」の今日までの苦難の歩みや、北朝鮮に対する鋭い洞察、
事態解決を頑なに妨害する勢力の存在、
さらには問題解決への道の考察に至るまで、
初期の頃から一貫して手弁当で活動してこられた先生ならではの、体験談も交えた、実に貴重なお話でありました。

「法廷で解決できないマターである以上、街頭に出て国民に訴えかけるしかなかった。労を惜しんではならない。」
「拉致問題も、尖閣問題も根は同じ。国家主権の問題である。」
示唆に満ちた言葉もたくさん、ございました。

いずれにせよ、
これほど残酷にして重大な人権侵害、国家主権侵害が私達の身近なところで行われ、いまだ解決していないのです。
私達一人ひとりに何ができるのかを改めて考え、
できるとことから一歩一歩、行動していかなければならないと痛感した次第です。

藤野先生に改めて深謝申し上げます。