広告
幸福実現党 加藤文康 2012年7月31日(火)   ラマダン 公式ブログ

加藤文康(かとうぶんこう)のブログです。

 

 

04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

プロフィール

最新情報

検索フォーム

ご意見等

Copy right

このページの記事一覧
Posted on 11:07:02 «Edit»
2012
07/31
Tue

Category:日々の加藤と仲間たち

2012年7月31日(火)   ラマダン 


ロンドン五輪が開幕して数日、たちました。
昨日は、柔道女子57キロ級の松本薫選手が今大会日本初の金メダルを獲得です。
他の日本選手もあとに続いて、大いに頑張ってもらいたいものです。

因みに、オリンピックにちょうど重なるように、イスラムのラマダンが始まりました。
旅行者にはラマダンの義務の延期が認められているそうです。
国を離れてロンドンのオリンピック選手村に入れば、誰もが旅人だと思うのですが、
それでも敬虔な一部の選手は、日中、水すら飲まずに試合に臨んでいるそうです。

国家・国民の期待を担ってオリンピックに参加する以上、ラマダンは延期してベストコンディションで臨むべきなのか、
それとも、神から課された信徒としての義務を果たすべきなのか、、。

ムハンマドの時代には、
オリンピックなどなければ、
夏には夜半まで太陽が輝く(要は日没が遅い)高緯度地域への旅行も想定外でしたので、
私などは、ラマダンの趣旨を損なわない範囲で柔軟に解してもよいと考えてしまうのですが、、。
いずれにせよ、信心薄き日本人にとって、いろいろと考えさせられるテーマと思った次第です。