広告
幸福実現党 加藤文康 2012年7月31日(火)②   生活保護依存症   公式ブログ

加藤文康(かとうぶんこう)のブログです。

 

 

04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

プロフィール

最新情報

検索フォーム

ご意見等

Copy right

このページの記事一覧
Posted on 23:06:11 «Edit»
2012
07/31
Tue

Category:日々の加藤と仲間たち

2012年7月31日(火)②   生活保護依存症   


生活保護については、最近のブログで何回か言及したところです。
特に生活保護受給者の公民権停止について、数多くのご意見を頂きましたが、
私としては、至極当然のことを言ったまでと思っています。


年収5千万円を自慢するお笑いタレントが、母親を扶養せずに生活保護を受給させていたことがマスコミでも報道されたのは記憶に新しいところですが、
法律以前の、道義上許されない問題ではないですか。

二千数百万円の自己所有の高級マンションに母親を住まわせておきながら、生活保護を受け取らせていた芸人もいましたが、
国民に対する詐欺行為そのものではないですか。

さらには、
受給率が日本人の3倍に達するとも言われる在日外国人への生活保護支給も、もういい加減、スパッとやめるべきです。
一片の厚生省局長通達から始まった制度のようですが、そこまで外国人の面倒を見る義務など、我が国の憲法上、全くありません。
核ミサイルを作って我が国を脅迫せんとするようなシナ・朝鮮系の人々にしても、
戦後60年以上も経った今、生活保護がほしいのなら我が国に忠誠を誓って帰化すべきですし、文句があるならすぐにでも大陸や半島に帰ればよいだけのことです。


今、起きていることは、単なる制度上ではなく、もっと根源的な問題であることに、私達は気づかなければなりません。
このままでは、
“社会にさほど貢献することなく、他人様の税金を食いものにするだけの社会底辺層”の固定化と拡大再生産が加速するだけであります。
そして、この先に待ち受けるのは、国家の衰退・崩壊以外のなにものでもありません。


健全なルフ・ヘルプ、自助・独立の精神を取り戻すことが、
やはり何よりも大切ではないでしょうか。