広告
幸福実現党 加藤文康 2012年8月23日(水)  2012年の日中海戦  公式ブログ

加藤文康(かとうぶんこう)のブログです。

 

 

05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

プロフィール

最新情報

検索フォーム

ご意見等

Copy right

このページの記事一覧
Posted on 23:49:24 «Edit»
2012
08/23
Thu

Category:日々の加藤と仲間たち

2012年8月23日(水)  2012年の日中海戦  


先般、発売された外交誌「フォーリン・ポリシー」9月号に、
米海軍大学准教授のJ・ホルムズ氏の論文が掲載されました。

“日中の尖閣沖での衝突は多分、起きないだろう。
それでも、
仮に衝突が発生した場合は、
米国が日本を支援する可能性が高い。
さらに、
日中両国だけの戦闘となっても、最終的には、
中国の量に対して、日本の質が勝り、
日本側がASCM移動対艦ミサイル等、細心兵器を近隣諸島に配備するなど、
防衛に毅然たる態度で貫けば、
日本は中国軍を充分に撃退できるだろう”
という予測でありました。

勿論、本論文をそのまま鵜呑みにするつもりはありませんが、
米海軍現役の、しかも軍事戦略の専門家の指摘だけに、
我が国の防衛力の高さを再認識したところです。
残された時間は少ないだけに、全力で国防強化に取り組むべきではないでしょうか。

そして、
中共首脳には、
無謀な対外挑発が、結局は自らの破局をもたらすことを、
日本政府首脳には、
優秀な自衛隊(早く、正式な国防軍としたいですね)の力を生かすも殺すも、
最後は政治のリーダーシップ次第なのだということを、
改めて深く訴える次第であります。



PS.
連日、猛暑ですね。
私は明日は、山梨・甲府に出張です。
9月23日(日)に党県本部主催の大会があり、
釈量子さんと私の二人で講演することになりました。
その準備も兼ねての出張です。
皆さん、それでは、明日も頑張りましょうか!