広告
幸福実現党 加藤文康 2012年9月10日(月)   やはり全ては経済成長 公式ブログ

加藤文康(かとうぶんこう)のブログです。

 

 

08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

プロフィール

最新情報

検索フォーム

ご意見等

Copy right

このページの記事一覧
Posted on 20:10:49 «Edit»
2012
09/10
Mon

Category:日々の加藤と仲間たち

2012年9月10日(月)   やはり全ては経済成長 


米国と韓国は2倍、ロシアは5倍で、中国は8倍、そして日本は1倍。

何の数字かと言いますと、1995年から2010年へのGDPの伸びであります(9月9日 日経新聞より)
世界全体のGDPもこの間に2倍になっていますから、日本の停滞ぶりは目を覆うばかりです。

因みに日米のGDPシェア合計も、1985年にはなんと48%と世界の過半に迫る勢いでしたが、
その後、日本が足を引っ張ったせいで、
1995年には43%、そして2010年には33%にまで低下してしまいました。

残念でなりません。
我が国がこの間、日米同盟堅持の上で、
せめて米韓並みに2倍の経済成長をなしていたら、
今日の国防上の危機もなかったことでしょうし、
年金や社会福祉をどうするか、財政赤字をどうするかといった問題も、全く別の展開をみせていたことでしょう。

やはり、
資本主義経済下にありながら20年間、経済成長がなく、
1989年に4万円近かった東証株価も(デノミを実施した訳でもないのに)、8000円台に低迷しているという事態が、如何に異常であるかを、日本人全体が再認識することからやり直すべきでしょう。

さらに、
政治家に加えて、財務省を筆頭とする経済官庁の責任も大きいと思います。
財務官僚にこうした常識的な自己観照があれば、このタイミングでの消費税増税など、とてもできないはずなのですが、、。

繰り返しになりますが
やはり経済成長パワーこそが、国家安全保障の礎であり、
財政健全化の鍵であることを痛感する昨今です。





PS. 多くの皆さんから、誕生日祝いのメール等を頂きました。
この年になると、もうあまりめでたくはありませんが、激励のメッセージに心より感謝申し上げます。

DSC_0069.jpg

DSC_0073.jpg  昨日の日曜日には富士市に出張。富士山本宮浅間神社で、木花咲耶姫にご参拝。
湧き出でる御霊泉のあまりに美しさに感動、そのスピリチュアルパワーに新たな元気を頂きました。