広告
幸福実現党 加藤文康 2012年9月12日(水)   代表選、そして総裁選 公式ブログ

加藤文康(かとうぶんこう)のブログです。

 

 

03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

プロフィール

最新情報

検索フォーム

ご意見等

Copy right

このページの記事一覧
Posted on 00:20:48 «Edit»
2012
09/12
Wed

Category:日々の加藤と仲間たち

2012年9月12日(水)   代表選、そして総裁選 


民主党代表選が告示されました。
野田代表(首相)の再選は確実ですが、
立候補者の顔ぶれを見る限り、
元日本新党の野田氏に始まり、
元自民党福田派の鹿野道彦氏から、元社会党書記長の赤松広隆氏まで、、、
「寄り合い所帯」と言えば響きはいいですが、
理念なき権力亡者の集団という民主党の実態を如実に見せつける顔ぶれです。


そして自民党ですが、
谷垣禎一総裁が党長老の反対で、あっけなく出馬断念に追い込まれました。
下野後の野党党首として3年間、着実に補選や地方選挙で勝利を重ねてきたのですが、
古賀誠氏をはじめとする党長老への配慮に欠けたこと、そして
次期総選挙の顔としてはインパクト不足とされたのが、降板の理由でしょう。
政治の非情さと、自民党の旧体質を改めて実感します。


いずれにせよ、次期自民党党総裁は、
党長老のおぼえめでたく国民的人気もある石原伸晃幹事長となりそうです。
総選挙後には新首相として国家の舵取りを担う可能性も大の石原氏、
この未曽有の国難に際して、どこまで重責を担える器なのか?
私自身、嫌いな方ではありませんが、
その手腕が未知数なだけに、期待と不安が入り混じった気持ちでもあります。


代表選に総裁選、
時期が時期だけに、この国と国民の運命を込めるトップ選びとなります。
引き続き注視して参りたいと思います。