広告
幸福実現党 加藤文康 2012年9月19日(水)   愛国無罪 公式ブログ

加藤文康(かとうぶんこう)のブログです。

 

 

07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

プロフィール

最新情報

検索フォーム

ご意見等

Copy right

このページの記事一覧
Posted on 23:15:11 «Edit»
2012
09/19
Wed

Category:日々の加藤と仲間たち

2012年9月19日(水)   愛国無罪 


歌手にして、幸福実現党員でもあるTOKMAが、昨日、尖閣諸島に上陸しました。
船から100㍍泳いで上陸し、鉄橋の国旗を整えたうえで、慰霊碑に参拝。
その上で、ギター替わりに持参したほうきを抱えて熱唱までしてきたそうです。

本日午前中は石垣警察署に任意で赴いたうえで、夕方には那覇に元気で戻ったようでえす。
日本の領土主権が脅かされる中、多額の血税で国有化しながら、実効支配強化のために動こうとしない日本国政府への複雑な感情もこもった、赤心からの行動だったと思います。お疲れ様でした。

それにしても、許せないのが政府の対応です。
閣議後の記者会見で、海上保安庁を管轄する羽田雄一郎国土交通相は、TOKMA及びもう一人の勇気ある上陸者の行動に関して軽犯罪法違反で被害届を出す旨、表明しました。
政府機関による被害届けですから、これは実質的な告訴ともいえましょう。

先般、香港の活動家が上陸しましたが、中国の顔色を伺う民主党政府は刑事訴追せずに、とっとと強制送還。連中が帰国して英雄扱いを受けたのは、記憶に新しいところです。
その一方で、国難を憂う我が国民が慰霊も兼ねて、やむに已まれぬ気持で我が国土に上陸したら、国家機関を挙げて犯罪者にしようとしてるのです。

今では中国人の専売特許の観もある愛国無罪ですが、
相互主義の観点から、我が国もたまには主張することが必要ではないでしょうか。
羽田国交相よ、しっかりしろ! です。