広告
幸福実現党 加藤文康 2012年9月29日(土)   愛国有罪!? 公式ブログ

加藤文康(かとうぶんこう)のブログです。

 

 

04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

プロフィール

最新情報

検索フォーム

ご意見等

Copy right

このページの記事一覧
Posted on 21:50:14 «Edit»
2012
09/29
Sat

Category:日々の加藤と仲間たち

2012年9月29日(土)   愛国有罪!? 


野田首相の国連演説、それにしても情けないものでした。
各国からさほど相手にされていないのでしょう、
ガラガラの総会場で、中国や韓国を名指しで批判することもなく、抽象的な訴えに終始したのですから、、。

日系企業を組織的に略奪しては焼き討ちにし、現地の日本人に暴行を加えては、尖閣諸島領有に関するプレッシャーをかけ続けてきたのが、今回の中国の動きです。
国連安保理・常任理事国たる大国にやることではありません。
国家としての損害賠償に加えて、その資格剥奪を訴えるべきでした。
(その後、我が国を「盗っ人」呼ばわりした中国外務大臣もいましたが、日本に帰国後でも結構ですから、当然、罷免を要求すべきでしょう。)


それにしても、昨日はもっと情けない事態が、民主党政権によって起きました。
去る9月18日、憂国の念いから尖閣上陸を果たした日本人二人が、軽犯罪法違反で書類送検されたのです。
同じく先般、尖閣に上陸した悪質な中国人活動家を書類送検せずに強制送還(実質的な無罪放免)とし、故国で英雄としてしまったのと比べても、あまりにバランスを欠いた、非情にして非道な対応です。
中国の愛国無罪とは正反対の愛国有罪であり、我が国・民主党政府はすでに中国から、尖閣諸島の管理を委託されているのかと勘繰りたくなります。

今回、書類送検された二人のうちの一人、TOKMAですが、
明日は「幸福の科学」東京正心館で、愛国の想いを込めた熱唱を披露してくれる予定です。
私も書類送検された二人を全力で支援して参ります。
共に、民主党政府の弱腰謝罪外交を断固、指弾していきましょう。