広告
幸福実現党 加藤文康 2012年11月5日(月)   田中文科相を更迭せよ 公式ブログ

加藤文康(かとうぶんこう)のブログです。

 

 

03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

プロフィール

最新情報

検索フォーム

ご意見等

Copy right

このページの記事一覧
Posted on 19:12:41 «Edit»
2012
11/05
Mon

Category:日々の加藤と仲間たち

2012年11月5日(月)   田中文科相を更迭せよ 


田中真紀子文科相が、2013年度に開校予定の3大学の新設を不認可とする決定を下して、数日が経ちました。

文科相の諮問機関である大学設置審議会が、「申請内容には問題がない」と、3校とも新設を認める答申を出していたにも関わらず、大臣の気まぐれで覆ってしまったのです。
学校関係者のこれまでの努力を嘲笑し、進学予定者の人生を狂わせる恐ろしい判断です。関係者の当初の衝撃が、激しい憤りへと変わったのも当然といえましょう。

本人は、大学数が多すぎるとか、教育の質の低下とか、一般論を述べてはおりますが、どう考えても裁量権の実質的な逸脱です。どうせワイドショーでのウケを狙った思いつきでしょう。

そもそも、評判の良く、学生が喜んで通う大学は自ずと発展するし、その反対の大学はこれまた自ずと消えていきます。これが市場原理であり、この原理が適正に機能するように環境整備を進めるのが、政府の最も大切なミッションであります。
また、大学の認可・不認可は、精神的自由の主柱の一つである「学問の自由」の保障に直結するマターであり、文科省が担当している行政行為の中でも、内容・手続き両面において、最大限の公平性や透明性、説明責任が求められる領域であると思うのですが、まあ、田中文科相にこうした認識を期待すること自体が無理な相談といえましょう。

彼女はこれを機会に、「大学設置認可のあり方を抜本的に見直す」と意気込んでいるようですが、とんでもありません。これ以上の暴走で、彼女が大臣として権限を振りかざす姿など、見たくはありません。

田中文科相の即刻辞任と、国家社会主義的体質を本質的に持つ民主党政権の退場が、未来に向けた新たな仕組み作りの大前提であると思います。