広告
幸福実現党 加藤文康 2012年12月1日(土)   究極のポピュリズム 公式ブログ

加藤文康(かとうぶんこう)のブログです。

 

 

10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

プロフィール

最新情報

検索フォーム

ご意見等

Copy right

このページの記事一覧
Posted on 21:57:38 «Edit»
2012
12/01
Sat

Category:日々の加藤と仲間たち

2012年12月1日(土)   究極のポピュリズム 


早いもので師走です。

数え切れない政党が乱立する厳しい総選挙になりましたが、新たに「日本未来の党」(代表・嘉田由紀子滋賀県知事)が参戦です。

それにしても、この政党の選挙公約となる「政策要綱案」には、何とも空恐ろしいものを感じます。
「卒原発」と甘い言葉で有権者の心理をくすぐって、この日本から原発の火を消そうとするだけでなく、東京電力を破綻処理して国による直轄管理を目指しています。
さらに、中学卒業までの子供に一人当たり年31万円を支給したり、農林漁業従事者への個別所得補填を推進するなど、そこには、完全に破綻したはずの民主党のマニフェストをそっくり引き継いだバラマキ政策が続きます。

御当人たちは場当たりの人気取りというか、選挙対策で訴えているだけかもしれませんが、ここに究極のポピュリズムがあります。
仮に万一、こうした政策をホンネで訴えているのであれば、恐るべき国家社会主義政党の出現といえます。

こんな政党でも一定の支持を取りつけそうなところに、現代の選挙型民主制の危うさを感じます。また、小沢一郎氏のしたたかさも感じてなりません。

「財源をきっちりしないと、私達と同じ失敗を繰り返す」とは、民主党の安住淳幹事長代行のコメントですが、
「政党の正体をきっちり見極めないと、2009年と同じ失敗を繰り返す」と、強く訴えたいと思います。






 121201_1216~002
 本日、政見放送の収録で、渋谷のNHKに比例・南関東ブロックの5人の候補が集結!


__.jpg
四街道駅前にて。