広告
幸福実現党 加藤文康 残された時間はあと僅か  2013年2月19日(火) 公式ブログ

加藤文康(かとうぶんこう)のブログです。

 

 

05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

プロフィール

最新情報

検索フォーム

ご意見等

Copy right

このページの記事一覧
Posted on 21:33:53 «Edit»
2013
02/19
Tue

Category:日々の加藤と仲間たち

残された時間はあと僅か  2013年2月19日(火) 


前回のブログで、安倍政権はTPP交渉参加を急げ、と訴えました。

今、参加各国は本年10月の合意を目指して、
交渉を一気に加速させつつあります。

参加表明が、仮に7月の参議院選後に ずれこめば、
アメリカ議会の承認に約3か月、必要なこともあり、
日本が実際に交渉のテーブルに加われるのは、早くて11月頃でしょう。
しかし、その頃には、協定交渉は終了している可能性が大です。
これは、我が国が交渉のオリジナルメンバーとしての発言権を失い、
日本抜きで決まったルールを一方的に押し付けられることを意味します。

現在、TPP反対の主力は、農協(JA)でしょう。
農業人口は250万人にして、農業のGDPに占める比率は1%です。

私は、農協が国内政治の場で発言力を行使すること自体を、
とやかく申し上げるつもりはありません。

しかし、1%の既得権益のために、
この国が沈没し、多くの国民が塗炭の苦しみを味わうような未来だけは、
断固、避けなければならないと思うのです。


TPPについては、次回も言及したいと思います。