広告
幸福実現党 加藤文康 1㍉シーベルト  2013年3月12日(火) 公式ブログ

加藤文康(かとうぶんこう)のブログです。

 

 

07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

プロフィール

最新情報

検索フォーム

ご意見等

Copy right

このページの記事一覧
Posted on 00:44:27 «Edit»
2013
03/13
Wed

Category:日々の加藤と仲間たち

1㍉シーベルト  2013年3月12日(火) 


戦後最大の被害をもたらした東日本大震災。
多くの爪跡を残して今日に至っていますが、
天災でありながら、人災でもあったところにも、新たな悲劇がありました。

当時の民主党・菅直人政権が、ここぞとばかりに突き進めた原発抹殺路線ですが、
これがどれほど国益を損じてきたかは、幾度となく論じて参りました。

今日は特に、除染における年間1㍉シーベルという被爆線量目標について、一言触れたいと思います。

病院で私達が受ける1回あたりのCTスキャンが、10㍉シーベルト前後の被爆と言われています。
しかしながら、そのせいで病気になったとか、誰も騒がないでしょう。
国際的な目安でも、年間100㍉シーベルトまでは、人体に特に影響がないとされています。
それなのに、わずか1㍉シーベルトという、
やたらと厳し過ぎる基準を持ち出しては騒ぎを大きくしたのが、
当時の民主党でした。

これが、
どれだけ、地元被災者の帰還が遅れていることか、
どれだけ、福島産の農産物に対する風評被害が広がっていることか、、
どれだけ、必要もない除染作業に行われて公費が浪費されていることか、、、。

せめてここは、
平時の国際基準の下限である20㍉シーベルトあたりを、
地域除染の基準値にしてはどうでしょうか。

それだけでも、多くの被災者の帰郷が現実味を帯びてきますし、
心無い風評被害を減らすことになります。
さらには、無意味な除染作業を減らすことにもつながります。

被災地の一日も早い復興を祈念しつつ、自民党政権の英断を願うばかりです。