広告
幸福実現党 加藤文康 安易な依存心の恐ろしさ   2013年10月5日(土) 公式ブログ

加藤文康(かとうぶんこう)のブログです。

 

 

09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

プロフィール

最新情報

検索フォーム

ご意見等

Copy right

このページの記事一覧
Posted on 01:15:11 «Edit»
2013
10/05
Sat

Category:日々の加藤と仲間たち

安易な依存心の恐ろしさ   2013年10月5日(土) 


しかし、本当に中止になってしましましたね。
オバマ大統領の今月5日からの東南アジア歴訪が、です。

財政問題を巡る政治的対立や政府機関の一部閉鎖が原因ですが、オバマ氏が自ら議長を務める予定だったバリ島でのTPP首脳会合も、これで主役不在となりました。
TPPは対中国を念頭に置いた新たな経済圏の構築であり、日米関係の強化という意味合いがありますが、強力な牽引役であるオバマ氏の欠席により、その年内締結は一気に不透明になってきました。

さらに、中国の軍事的台頭に対処するためのアジア諸国との連携強化の場となるはずだった、ブルネイでの東アジアサミット参加や、続くフィリピン訪問も中止です。

先般、オバマ大統領は、化学兵器まで持ち出して自国民を虐殺して止まないシリアへの軍事介入を見送る(諦める)ことを表明しましたが、その演説の中で「アメリカは、もはや世界の警察官ではない」と宣言したのは記憶に新しいところです。

今回の東南アジア歴訪中止の報を、中国は、さぞ見下した冷笑を浮かべながら聞いたことでしょう。

日米の同盟強化が、我が国の安全保障上の生命線であることは間違いありませんが、一方で、「アメリカにお願いして守ってもらえれば、それで安心」という安易な依存心が危険なだけでなく、国を滅ぼす時代になっていることに、私達は気づかなけれなりません。