広告
幸福実現党 加藤文康 韓国軍 竹島での軍事訓練    2013年10月27日(日) 公式ブログ

加藤文康(かとうぶんこう)のブログです。

 

 

09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

プロフィール

最新情報

検索フォーム

ご意見等

Copy right

このページの記事一覧
Posted on 01:35:27 «Edit»
2013
10/27
Sun

Category:日々の加藤と仲間たち

韓国軍 竹島での軍事訓練    2013年10月27日(日) 


25日、韓国空・海軍と海洋警察が、不法占領を続ける我が国の竹島で、「日本の極右の民間人」が不法に上陸した事態を想定した軍事訓練を実施しました。

因みに、朴クネ大統領閣下、
我が党のトクマも矢内筆勝も、竹島への上陸強行など考えておりませんので、どうぞ、ご安心下さい(笑)。

サンフランシスコ講和条約でわが国が主権を回復する直前の1952年、韓国大統領・李承晩が李ラインとやらを勝手に設定し、不法占拠してから60年以上の歳月が流れたのが、島根県の竹島です。
それにしても、民間人を念頭に置いた訓練で、駆逐艦やらF16戦闘機を投入し、挙句に海軍の特殊戦旅団による上陸訓練まで行うとは、明らかに常軌を逸しています。朴大統領はそこまで反日を旗印に掲げて、国内での支持率を上げたいのでしょうか。

一方、中国海軍の北海・東海・南海の三大艦隊が同日、西太平洋に集結して大規模な同号軍事演習を行っているとの報道もありました。果たして、これはただの偶然なのか。

現在の韓国の外交方針は、自由主義陣営の同盟国であるはずの日本を徒に敵視・挑発し、恐るべき軍事独裁国家・中国へひたすら擦り寄ろうとするものです。
いかに小手先の戦術を駆使したとしても、大局的な戦略を誤る限り、待ち構えているのは破局です。
韓国の、そして極東情勢の将来が心配でなりません、、。


さて、夜も更けて参りました。
今宵はこのあたりにして、明日も頑張ります!