広告
幸福実現党 加藤文康 先にやるべきこと   2013年10月31日(木) 公式ブログ

加藤文康(かとうぶんこう)のブログです。

 

 

07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

プロフィール

最新情報

検索フォーム

ご意見等

Copy right

このページの記事一覧
Posted on 20:01:25 «Edit»
2013
10/31
Thu

Category:日々の加藤と仲間たち

先にやるべきこと   2013年10月31日(木) 


中国の省や市といった地方政府による、日系企業向け投資説明会が、ここにきて再び、活発になってきています。本日も、内陸部の重慶市が投資説明会をわざわざ沿岸部の広州市で開催し、重慶市内で開発が進む総合ビジネスパークのPRなども積極的に行ったようです。

何ともいえないものを感じますね。
尖閣国有化を契機に起きた、大規模な反日暴動では、中国全土で「日の丸」が焼かれ、多くの日本人が暴行され、罵られました。中国経済の近代化に貢献してきた多くの日経企業の工場や商店も、いわれなき略奪・放火を受けたのは記憶に新しいところです。(それ以外にも、日本からの輸入品の通関を意図的に遅延させるなど、様々なイヤガラセがありました。)

あれからまだ一年。経済成長に陰りが見える中国だけに、今になって、国を挙げた日本企業の誘致に必死なのでしょう。
されどこんな甘い誘いに乗ったら、いつか再び、大変な目に遭うこと必定です。中国に進出して実質、人質に近い状態の日本企業を守りきる力など、今の日本政府にはないのですから。

中国共産党政府は、日本に全面謝罪し、日系企業が被った損害への賠償に率先して取り組むことです。
また、確固たる再発防止策を講じて、安心してビジネスができる最低限の環境を整えるべきでしょう。
要は、「中国政府よ、日系企業向け説明会も結構だが、まず先にやるべきことがあるでしょう!」ということです。

日本の企業経営者の皆さんにも、ここはくれぐれも慎重なご判断を、と呼びかける次第です。